Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24系セット、その後。

 ということで、日本海セットで、日本海を組んだ後のお話。

 えっと、どうすんの、このオハネ24(白帯)の山・・・。

 どっちかというと一番貴重品なはずが、偶然予定していた編成にはほとんどオハネ24(白帯)の出番が無い。

 かといって放出するのもなんか勿体無い。

 


 ということで、さんざん悩んで、こんな編成が出来上がりました。

 120903001b2.jpg

 最終下り「はくつる」編成です!!

 おかしーなー、余った車両を処理するはずが、金帯セット継ぎ足す羽目になったよーー。

 というか、日本海より長いやんか・・・。

 編成としては、

 ↑青森
 EF81-139
 カニ24-116
 オハネ25-4
 オロネ25-702(金帯)
 オハネ25-211(金帯)
 オハネ25-215(金帯)
 オハネフ25-1
 オハネ25-5
 オハネ25-140(金帯)
 オハネフ25-117(金帯)
 オハネ25-32(金帯引戸)
 オハネ24-19
 オハネフ24-23

 となります。
 
 TOMIXのさよならはくつるセットを参考にしました。
 当時は雨樋の露出化改造は行われていなかったようで、前面はプレーンなタイプを取り付けています。
 オロネ25-700はP13のものを引っ張ってきました。
 オハネフ25-0・オハネ25-0はオハネフ24・オハネ24に25形の屋根をコンバートして取りつけたタイプモデルで良しとしています。

#24形と25形は似ているようで、結構窓配置や細かいところが違うんですよね・・・。

 -----

 どーして、銀屋根がまざってるんだろーなー、おかしーなー(棒読み)

#当然、屋根は後で塗り替えますが。
 
スポンサーサイト

竹(ry

#もはやタイトルが何が何だかわからない。

 JAM12の為に東京に行って来ました。
 せっかくですから、緑の小箱と戯れてみたところ・・・、


[Read More...]

帰ってきました。

 無事に台湾より帰ってまいりました。

120313001b2.jpg
▲ 枋寮発台東行普快3671次にて

 twitterをご覧いただいていた方はご存知かもしれませんが、少々予想外の事態に画竜点睛を欠きましたが、ほぼ目的を達成できました。

 思う存分鉄道に乗りまくり、美味しいものも食べ、1日3食駅弁で腹がパンクしかかったり色々ありましたが、台湾の人々の優しさに支えられて、思い切り鉄分を補充してきました。これで明日からの厳しい現実にも立ち向かえそうです。

 

遅れ120分を越すと、どうでもよくなるらしい。

 昨日新疋田駅へ日本海の撮影に行ってきました。

120130004b2.jpg

 大雪の影響で、遅れに遅れ、新疋田駅を通過したのは、なんと13時57分。
 定時通過なら8時30分頃なので、5時間20分遅れ。

 最終的に大阪に到着したのは16時08分とのこと。定時が10時27分だから、5時間41分遅れでの到着となったようです。

 撮影後、同行者とどうするかと話し合い、結果暖かいものが食べたいという理由で、明石焼きを食べに明石に向かいました。

#関西ワンデイパスを使っているから、これくらいしないと元をとれない。

 あーだこーだして、京都へ戻ってきたのは21時過ぎ。

 そこには・・・

120130006b2.jpg

 約9時間遅れで京都に到着したトワイライトエクスプレスの姿が。

#時計に注目。

 間違いなく途中からサンダーバードへの振り替え処理はされていたはずですが、結構な数の乗客がまだ乗っていたのには驚きました。

 いやはや、上には上がいました。

 しかし、電光表示で、遅れが120分を越すと、もう正確に表示することも出来なくなるんですね。

馬子にも衣装と申しますが。

 7・8日に梅小路蒸気機関車館にてSLを機関庫から頭出し、ライトアップするというイベントが実施されていましたので、夕方から行ってきました。
 16:30より入場料が特別に200円になるということで、17時過ぎに到着、入場しました。

 そもそも夜間公開が想定されていないので、場内は真っ暗に近い状態。

 日が落ちきる前の薄暮の中、国旗を掲揚したSL達が迎えてくれました。

120109001b2.jpg
(拡大可)

 多数のファンのレンズの砲列の前に、彼らはいつもより少し誇らしげに見えました。

120109002b2.jpg
(拡大可)

 スワローエンゼルに国旗は似合っていると思うのですが、B20では、サイズの合わない七五三の衣裳を着せられている子供の様な印象を受けてちょっと微笑ましく見えてしまうのでした。

 -----

 この梅小路も開館から既に30年が過ぎ、動態保存を目的としていましたが、予算不足などの諸事情で動けるSLも徐々に減りつつあります。
 今後の行く末が心配ではありますが、隣接地に新たな展示施設を建設するという話もあったり(ずいぶん前の話ですが、進展はあったのでしょうか?)、いつまでも彼らの元気な姿を見れることを祈っています。



プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。