Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三宮ジョーシン鉄道模型ショーに行ってきました。

 23日から開催されていた、三宮ジョーシンの鉄道模型ショーを見に行ってきました。

 バンダイブースもあり、新製品の見本が展示されていました。

 注目のE5系の試作品も展示されていました(撮影及びブログへのアップの承認はいただいています)。

#今回の写真は全て拡大可。

120325001b2.jpg

120325002b2.jpg

 私、実車はまだ一度も見たことがございませんので、その上でのコメントとなりますが・・・。

 先頭車の形状に違和感を覚える人が多いようですが、扉と最低限の窓とロゴを省略できないBトレルールに従うと、この形状が限界になってしまうかと思います。ただキャノピー部分はもちっと大きくてもよかったかもしれません。

120325003b2.jpg

 一つだけ解せないのが、運転台周辺のパーツの分割ラインが、ピンク帯の更にその下に白色部分の途中になっていますが、これはピンク帯の下側に合わせておいたほうがスマートに見えたんじゃないかと。

 まぁ、気に入らないなら別に買わなきゃ良いんじゃないでしょうか。
 私はこれでまぁいいんじゃないかと思いますので、フル編成分ちゃんと買わせていただくつもりです。

 -----

 次、都電の花電車です。

120325004b2.jpg

120325005b2.jpg

 どんな構造にしてあるのかと思いきや、シャーシブロックの側面にステッカーを貼って、側面パーツにもシールを貼る構造なんだそうです。あと水玉模様は印刷で、リボンストライプはシールということです。

 -----

 キハ181系のサンプルを期待していたのですが、残念ながら、間に合わなかったそうです。
 バンダイの担当さんいわく、「期待しておいてください!」とのことですので、楽しみに待ちたいと思います。

 -----

 追記:
 キハ181系のサンプルは、静岡にはあったんだそうです。
 新いるまがわ車両センター様にて写真を公開されておりますのでご覧ください。
スポンサーサイト

建造は計画的に ~悲劇のコンフォート・サルーン~

120117001b2.jpg

 2008年の中之島線開業に合わせて導入された京阪(新)3000系のBトレが発売されました。

 京阪各駅での発売が1月14日なのに、なぜか12月30日に京急百貨店での先行発売が行われるという在阪ファンに対するあまりな仕打ちを乗り越え、買いに行ってきたわけですが。

 えー、冗談抜きで人が全然集まりませんでした。

 今まで何度か京阪の販売で並びましたが、これだけ人が来なかったのは初めてです。

 ま、おかげで、らくらく購入できたのですし、いいんですけれど。

 -----

 しかし、一応京阪の現状のフラグシップ・トレインなんですけどねぇ・・・。

 中之島線の営業的大失敗で、ほぼ同線の運用からは撤退。わずか3年で本来任務から解かれ、本線系の特急や急行などに充当されるようになって、なんともいえない持て余し感が出ているからですかね。

 京阪らしくないデザインといえばそうですが、結構好きなんですけれど。

 でも、特急を待っていて、この車両が来たらハズレだとは思っちゃうんですけれどね

 それではモデルの紹介を。


[Read More...]

小田急3000形発売決定

 ついに小田急3000形が発売されます!(TRAINSブログより転載)

 昨年11月の運転会の折に濱崎店長に初めてお会いした時に「初めまして!3000形出してください!!」といって他のB-netメンバーを凍りつかせたのもいい思い出です(をい

 いやまぁ、ぶっちゃけ、小田急で待っている時にこれが来ると萎えますが、模型なら許せます。

 あのものすごい無個性っぷりが(笑)

 まー、実際には製造時期による細部の変化が非常に多い車両ですけれど。

 今回のプロトタイプとなるのは3次車以降のタイプとなるとの事です。

101012001b2.jpg
▲ 8次車6両編成(3281F)

101012003b2.jpg
▲ 4次車8両編成(3654F)

101012002b2.jpg
▲ 2次車6両編成(3258F)

 実質的にサービスパーツ扱いとなると思いますが、2次車の大きく形状の異なるスカートも付属するとの事ですが・・・。
 実際には2次車と3次車以降での外観の違いはスカートだけでなく側面LEDの大きさも異なるようです。
 写真で見る限り3次車以降の大きなものになっていますので、マジで2次車を作るなら埋めたてて小型のものをステッカーで表現するなりそこも何とかしないといけませんね。

 あと3次車~7次車まではほぼ外観上の違いはないようですが、最終増備グループである8次車はスカートにあった点検蓋が省略されてスマートな形状になっています(上の写真を良く見ていただければわかります)。

 ・・・あれ?TRAINSの写真を見ている限りでは・・・、

 どうみても8次車型スカートにしか見えないのですが・・・。

 どうなっているのか教えてください濱崎店長!!(笑)

 このままでは8次車しか作れないとか言うオチになってしまいそうです。

#その辺りは無視すりゃいいだけかもしれないだけど

 追記('10/10/13):わざわざスカート形状についてTRAINSブログにて紹介いただいております。是非ご覧ください。

 まぁ・・・、買ってから悩むか(をい

 とりあえず6連2本かなぁ。8連は併結する楽しみがないからなぁ・・・。

 -----

 これに付随するネタとしては「フルアーマー3000形」3263F(もちっと厳密に言うと初期「フルアーマー」と後期「ライトアーマー」の2形態)とか、2次車の登場時の前面の帯が広い「2次車 Ver.2002」とかでしょうか。

 フルアーマー状態とかN化したら走れるかどうか怪しいけど(笑)。

久々の阪急新製品と思ったら。

 ファンペによると。

■▼阪急6000系・阪急100周年ミュージアム号・2両セット(8月14日発売予定)先頭車+中間車

 だそうです。

100619001b2.jpg

 えーと、まさかのコレですか。

 8月14日ということは、昨年同様の阪急百貨店でのイベントで(先行?)販売ということになるんでしょう。

 私にとっては12日から16日までの夏休みのど真ん中をこのイベントで押さえられてしまうことになります。
 またしまなみ街道を走りに行くつもりだったのに、困るなぁ・・・。

 駅売りで後から販売があるなら、その方が手っ取り早くていいですねぇ。
 だって午前4時に突撃すれば終了だもの(笑)。

 -----

 さて、仕様が現在不明です。

100619002b2.jpg

 この金モールパターンがタンポ印刷で再現されるか、それともシールでの再現になるのか。

 この「ミュージアム号」としての完成度を追求するなら、金モールパターンは印刷で再現、窓横の100周年記念シールはステッカーの貼付、というのが理想です。
 金モールパターンまでシールだった場合、多分最悪の事態となります(笑)。少なくともクリア塗装をしない限りは見れたものじゃないというオチが間違いなく付きます。

 ・・・ところが、もし後者だった場合、別の使い道が出てきます。
 「チョコパフェ」+「運転室扉手摺がマルーン塗装」という初めての組み合わせのパーツが登場することになるんですね。

 そんなに重要なことかって?
 結構重要なポイントです、実は。

 以前の限定版8000系では「チョコパフェ」+「運転室扉手摺がシルバー塗装」という側面でした。
 この運転室扉の手摺ですが、ステンレス無塗装になっているのは8000系・8300系以降です。
 それ以前の車種はマルーンに塗装されていました。

 つまり、8000系側面に付属していた6000/7000/7300系の前面を組み合わせて作るのは、実はアウトなわけです。
 ゆえに今まであれば、一般販売分の6000系に対してアイボリーを吹いてチョコパフェにするしかなかったわけですが・・・。

 もし金モール別シールで出てくれば、素で6000・7000・7300系の「正しい」先頭車が手に入るわけです。
 大体6001Fは貫通8連ですから、フル編成で手に入れれば、4両は先頭車が余ってしまうわけですし。
#もっともその先頭車に組み合わせる場合は8000系中間車が余っているというとんでもない事態で無いといけないわけですが。

 そうでなくてもこのバージョンを大量に手に入れられれば、6000・7000・7300系の冷房未更新車の現行バージョンが簡単に作れまくりです。

 さーて、どちらで来るか、続報が楽しみです。

 追記:

 ファンページの詳細情報によると。
 2010年8月14日発売予定
*2010年8月14日~・うめだ阪急百貨店・鉄道模型フェスティバル会場でも販売。

 「会場でも」ということは、駅売りも並行であると思われます。

*側面ラインアートは印刷済み。


 前者のパターンということになりますね。ということは6箱で確定ということですみそうです・・・。

 が、イラスト上では運転室扉手摺が銀色に・・・。

 「工程上の都合」でしょうか、もしかして。

ファソペ更新されてますね。

 ファソペの移転終了と共に、新製品情報が一部開示されていますね。

8月
●209系京浜東北線・2両セット(8月上旬再販予定)
 先頭車+中間車(さよなら209系)
●りんかい線70-000系・2両セット(8月上旬再販予定)
 先頭車+中間車(ラッピング車ステッカー付属)

 微妙な仕様変更ですよね。胴体部分はそのままのようです。りんかい線はぶっちゃけ妻面要員ですね。

●20系客車・一般色(3本線)・4両セット(8月再販予定)
 カニ21(22)+ナシ20+ナハネフ23+ナハネフ22
●20系客車・一般色(3本線)・2両増結(8月再販予定)
 ナハネ20+ナロネ21

 基本セットは不要ですが、増結セットだけほしいですね。
 特にナロネ21だけ(笑)。

#急行「だいせん」に使用されていたナハ21の種車にするため

 どこかでナロネ21は不要じゃないかという話がありましたが、初期の「あさかぜ」とかは確かナロネとナハネの数がほぼ同数だったような記憶があります。むしろこれが基本セットに入っていたら泣きでした(苦笑)。

■▼京成3050形・2両セット(8月予定)
 先頭車+中間車

 いずれ出るだろうなぁ、ということはわかって昨年ラッピングで作ったわけですが。
 JAMより先に出るか、後に出るか・・・。
 つーか、買おうかなぁ、どうしようかなぁ・・・。

9月
●ベストリピート9(9月予定)機関車12種・アソート

 EF64入るんですかね?あそこまでアナウンスして入っていなかったらちょっとアレですが。

●近鉄10100系更新後・3両セット(9月予定)
 (スカート付・車体裾は紺色です。)
●近鉄12200系初期・2両セット(9月予定)
 先頭車+先頭車(スナックコーナー付・2両編成)

 あら、一般販売とは意外でした。
 10100系・12200系共に70年代中期頃の姿ということになるんでしょうか。
 何というおっさんホイホイ(笑)

 あ、クロスポイントの18200系をショーティー化して3つ繋げれば青山トンネル事故編(ry

●コキ100系コンテナ車・4両セット(9月再販予定)
 コキ104青+コキ104水色+コキ106青+コキ106灰

 これは待望のセットですね。ベスリピ9と連動しているのだと解釈しておきましょう。

●新幹線500系・4両・Aセット(通常版・9月再販予定)
●新幹線500系・4両・Bセット(通常版・9月再販予定)

 案外早く通常版が販売されるんですね。V編成や11号車のパーツが付属したりしないんでしょうか?

●Bトレイン専用動力ユニット・機関車用(9月予定)
●Bトレイン専用動力ユニット・電車・気動車用1(9月予定)
●Bトレイン専用・トレーラー台車(9月予定)

 コレに関してはなんとも言えないですね。
 ぶっちゃけ、まともにDCC化できるかどうかに全てがかかっています。

 とはいえKATO製動力ユニットほどの精度を期待するのは酷だと思いますので、あまり期待しないでおきます。

プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。