Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾最後の旧型客車列車を訪ねて その1

 私が初めて台湾を訪れたのは2007年。未だ残る客車列車の多さに驚いたものです。
 ですが、この5年間でかつての日本と同じように急激に電車化・フリークエンシー化が進み、客車列車は数を減らしつつあります。

 急行に当たるキョ光号は今のところは客車が使用されていますが、準急に当たる復興号は風前の灯となり、その車両は普通列車に当たる区間車に格下げ使用されるようになりつつあります。

 そしてそれ以前に使用されていた、旧型客車達はまさしく消滅寸前となっています。

 定期列車として使用されているのは、台湾南部の東岸と西岸を結ぶ「南廻線」の枋寮(ファンリャオ)と台東(タイトン)を結ぶ普快3671次と3672次の1日1往復のみとなっています。

#「普快」という列車種別は「非冷房普通列車」というところか。

 これも次回のダイヤ改正時には区間車に「格上げ」され復興号客車による運行になるとの噂があり、もう実際に乗るには今しかチャンスがない!ということで、もうひとつの普快列車を乗車して1日で台湾を一周するという素敵プランを立案して実行したわけです。

 -----

 台北を6時30分発の始発新幹線603列車で出発し、途中いつの間にか開業した新幹線台南駅と在来線台南駅を結ぶ沙崙(シャールン)線に乗車する。
 台南からはキョ光号・自強号を乗り継ぎ、枋寮へ向かう。高雄(カオシュン)を越えると、南国色が濃くなり、沿線にはやしの木などが目立つようになってくる。

 11時37分、自強231号は枋寮駅に到着する。
 ホーム上に、目的の列車の姿はまだない。隣のホームには「区間車往新左営(新左営行)」の表示を出した復興号客車が止まっている。

 とりあえずここから台東までの切符は持っていないので、一度改札を出て切符を買いに行かないといけない。

 自動券売機もあるのだが、困ったことに紙幣に対応していない。
 台東までの距離は98.2km、運賃は普快列車の場合は一人104元(約300円)である。ざっくり日本の1/5というところである。

 一番大きな硬貨は50元だが、そんなに都合よく持ち合わせていない。
 ということでザックからノートを取り出し、「to 台東 普快 全票(大人) 2張(2枚)」と書いて、有人窓口に行って駅員さんに見せる。

 窓口の傍らに「NT$208」の表示が出るので、お支払いして切符を手に入れる。

120327001b2.jpg

 駅から少しだけ出て見る。

 駅前通りの少し先には海が見えている。

120327002b2.jpg

 後ろを振り返ると孫文先生の像がヒサシの上に立っている。

 写真を撮っていると、目的の列車が入線してきたので、慌ててホームに入る。

 編成は機関車含め4両編成。

120328001b2.jpg

 先頭はR100形ディーゼル機関車のR121号。米国GM製の機関車。

120328002b2.jpg

 1号車は40TPK32206T号、インド製の旧型客車。一応ドアは自動らしいが・・・。

120328003b2.jpg

 2号車は40TPK32215T号、1号車と同型。

120328004b2.jpg

 そして3号車は35SPK32740T号、これが日本製の車両!44系客車と類似の構造を持つと思われる車両。
 この車両はドアが手動!そして見た目どおり冷房なんかありゃしません。

 乗車ホームへ行くと、多くの人がカメラを向けている。

 これが「珍しい」車両であることは、なんとなくわかるのであろう。

 思ったより人が多く、これだけの人がこの普快列車に乗るのかと思いきや、先に出発する新左営行の列車に大半の人が乗って行き、ホームはがらんとする。

 そして、10人弱程度の「精鋭」が普快3671号に乗り込む。

 車内は、すっかり色褪せたシートやパネルが、幼き日に乗った旧型客車を思い出させる。

120328005b2.jpg

 進行方向右側に座席を確保し、出発を待つ。

 どういうわけか、3両も繋がっているのに、編成最後尾周辺に乗客が固まっている。

 みんな考えていることは同じらしい。

 窓を全開にして出発を待つ。


 12時8分。発車ベルも無く、ショックも無く、列車は静かに枋寮駅を出発した。

 構内を抜けると、機関車はディーゼルエンジンの唸りを上げ、勢い良く加速しながら枋寮の町を南に駆け抜けていくのだった。

 ------

 ありゃ、出発シーンまでだけで、えらい長文になっちゃった・・・・。

 続きは今しばらくお待ちください。
スポンサーサイト

台湾で思う存分スマホを使いたい!

※今回の記事の内容は上手く使えば大変有用ですが、一歩間違えればパケ死する危険性がございます。実際に台湾で契約される際は必ずよくご検討のうえ、自己責任で実行されるようお願いいたします。当方は一切の責任を負いかねます。

 -----

 当方は1年ちょい前からスマートフォンを使っておりまして、SamsungのGalaxy Sという機種でございます。
 それはまぁ重宝しておりまして、特にGoogle mapを使えるおかげで、道に迷うということがすっかり無くなりました。
 バッテリーが持つ限りは気が狂ったようにツイートすることも可能でございます。

 海外に持っていって、自由に使えれば最高ですが、国内のように定額で利用できるわけではなく、NTT Docomoの場合は、「海外パケホーダイ」というサービスこそ提供されていますが、普通に使えばあっというまに一日上限の2980円に達してしまうことになります。
 3泊4日で12000円って、もう正気の沙汰とはいえない金額です。

 何とかできないものかと色々調べて見たところ、台湾の場合は、旅行者向の定額かつ低額なデータ通信専用プリペイドサービスが提供されていることがわかりました。

 何社かから提供されているサービスなのですが、今回は「中華電信(Chunghwa Telecom)」の「3G預付卡行動上網計日型服務」というサービスを利用することにしました。他に「台湾大哥大(Taiwan Mobile)」という会社も同種のサービスを提供しているらしいです。

 注目の料金ですが、
 3日(72時間+最終日の23:59まで=3泊4日分をカバーできる)で250NT$(日本円で約750円

 はい、ドコモに1万円強も払うのがバカらしくなる金額ですね。

 をを、こりゃ使わないと損、なのですが、実はちょっとハードルが高いのです。

 最大のハードルは、日本国内で販売されているスマートフォンは原則的に「SIMロック」というものがかけられているために、上述の契約を結び、カードを差し込んだところで起動できません。
 なぜかというと、日本はご存知の通り携帯電話会社が主体となって携帯電話端末を販売しています。たとえばA社で安く販売されている(=携帯電話会社が補填をしている)端末を購入して、すぐにB社のSIMカードに差し替えて使用されたらA社はたまったものではありませんので、A社で買った端末はA社でしか使えないようにされています。
 つまりそのSIMロックを何とかしないといけません。
 日本国内では現在ドコモが昨年途中からSIMロック解除サービスを有料で行っていますので、たまたま手持ちの機種がその対象機種なら、そのサービスを受けるだけで一発解決です。
 私のGalaxy Sはそのサービスの対象機種外なのですが、まぁごにょごにょして解決しました。

 ※ソフトバンク社は社長が頑強に抵抗していますので、基本的にほとんどの機種で合法的な解除は不可能です。
 ※auは通信形式が異なりますので、この話は対象外です。あきらめてください。
 ※SIMフリー機というのがありますが、ものすごく高いです。
 ※スペック的には見劣りしますが、日本通信のIDEOSが一番安いSIMフリー端末かも。

 まず上記問題を解決してから、あとはパスポート運転免許証(国際免許証ではなく、日本国内の免許証そのままでOK)を持って、台湾へ向かいましょう。

 実際の契約編は「つづき」にて。
 

[Read More...]

内湾線にSL重連列車を追う

 しばらく訪台中のエピソードをご紹介させていただこうと思います。

 -----

 JR北海道のC11のSL列車とと台湾鉄路管理局のCK124のSL列車が姉妹列車となり、それを記念したSL重連列車が3月12日(月/星期一)に運転されました。

 CK124は日本のC12形の台湾向生産機の現地呼称で、唯一の動態保存機である4号機が不定期に運転されています。

 運転区間は新竹~北新竹~竹中~内湾という台北から1時間程度の内湾線というローカル線です。
※実際には竹中までは台湾新幹線の連絡路線として改良されているので、途中からローカル線というべきなのだが。

 そのニュースを知ったのは3月11日、ちょうど翌日に内湾線に乗車する予定で、調べると、丁度乗車予定の一本後を追ってくるようなスジでSL列車が設定されており、折り返し途中に撮影できる!と喜んでいたのですが・・・。

 竹中駅に到着、内湾行の出発するホームに上がろうとすると、なぜか改札のほうへ行って、改札外に止まっているバスに乗るよう指示されるわけで。

 一体何が起こったのか訳がわからないので、事情を聞くと(どういうわけか日本語ができる女性が配置されていた)SL列車の運転に伴って、入線中の一切の定期列車を運休にして代行バスを運転しているのでそちらに乗って欲しいとの事。

 代行バスに乗って終点まで行っても、乗車したことにはならないので、途中の竹東駅で1時間停車することになっているのは知っていたので、そこまで代行バスに乗っていってSL列車を撮影することにする。
 まぁ、これはこれで貴重な体験だよねぇ、とは言いつつ、この区間が乗車できないが為に台鉄の前線完乗は次回訪問までお預けとなってしまったので微妙にヘコむ。

 代行バスは地元の新竹客運のバスをチャーターして運行されており、台鉄の車掌さんがバスに同乗している。
 駅ごとに停車して、車掌さんがホームへ走って乗客を「回収」してくる。

 20分ほどで竹東駅に到着。

120318001b2.jpg

 既に駅内には多数の人があふれている模様。月台票(入場券)が必要かと思ったけれど、改札に駅員さんは立っていないのでそのまま押し入る。

 どこで入線してくるのを待つか悩んだけれど、「屋根上はそう簡単に撮れないぞ」という理由で跨線橋上で待つことに決定。
 到着予定は10時50分だったが、なかなか現れない。



 10時58分、ようやく姿を表す!

 先頭にCK124、次位に後ろ向きでCK101を連結、その後ろに2050形客車を4両連結して、軽く警笛を鳴らしつつ竹東駅1番月台に入線する。

 120318002b2.jpg

 あっという間にSL周辺は黒山の人だかりに。

 しかし月曜日だというのに、どっからこの人たちは現われたのか。

 SLの運転時に使われているこの2050形客車を見るのは初めて。

120318008b2.jpg

 JR東日本の旧型客車群と同じような立場の車両だと思うが、もっと小型。
 ちょっと中をのぞいてみたが、頭をぶつけそうなくらい、ちっちゃい。

120318003b2.jpg

 テールには記念のテールマークを装備している。

 SLそのものを撮影しようと先頭部まで行くが、もう線路上に人が溢れている

 およろしくはないが、まぁ、この際だからホームから飛び降りる。

120318004b2.jpg

 これがCK124号。
 日本国内のC12はデフレクターを装備していなかったそうだし、カウキャッチャーやライトは独特の形状のものが装備されている。

120318005b2.jpg

 こちらはCK101号。
 日本統治下において400形機関車として導入され、1974年まで使用され、1998年に復活した機関車。

 -----

 一応警察官が一人配置されており、線路上に降りた鉄路迷(鉄道マニア)達を追い払うのだが、適当なところで止めて黙認しているようで、このあたり何とも「台湾的」だなぁ、と思う。概して台湾の鉄路迷はお行儀が良い、ということもあるのだろうけれど。
 ホーム上では記念グッズを販売していたり、ある意味お祭り騒ぎとなっている。日本のようにぎすぎすした雰囲気がないのが心地よい。

 -----

 次の予定を考えると、竹中に戻らないといけない時間が迫ってきたので、駅前広場に戻ると、タイミング良く数分で竹中行代行バスがやってきた。

120318006b2.jpg

 車内で車掌さんに切符を発券してもらう。

 バス車内で鉄道の切符を発券して貰うというのは実に貴重な体験である。

120318007b2.jpg

 まぁ、割と味気ない車内補充券ではあったのだが。

 発車の度にアクセル全開で飛ばしまくるバスは早く、あっという間に竹中に到着した。



 
 



 

海外逃亡前夜

 さて、いよいよ明日より4日間、台湾へ行ってまいります。

120309001b2.jpg

 誰もを魅了するエメラルドブルーの海が待つ、台湾南部へ。

 -----

 なお、今回はtwitterによる現地よりの実況を予定しております。
 が、現地通信会社との契約ができなかった場合、無かったことになります。あらかじめご了承ください。

 -----

 今回のトピック(予定)
 ・たまには小籠包でも食べに行ってみよう。
 ・台北の秋葉原、西門街へ。
 ・でも東方模型は欠かせないよね。
 ・始発新幹線に乗ってみよう。
 ・新幹線で飲むサービスのコーヒーは苦い。
 ・消滅寸前?風前の灯の旧型客車列車に乗ってみる。
 ・台湾の池上は弁当で有名です。
 ・年末で引退予定の東急車輛製格下げディーゼルカーに乗ってみる。
 ・いったい何度目だ?いつの間にやら延長された林口線に乗車。
 ・内湾線・六家線で台鉄完乗!
 ・日本製SLに会いに、扇形車庫を訪ねよう。
 ・西部幹線を走るタロコ号で台北へ。

 事情を知る人が見たら、どういう行程をとるか、バレバレですね(苦笑)

台北模型店事情 ~坤彩玩具行編~

 諸事情で掲載が遅れましたが「坤彩玩具行」さんを紹介します。

 場所は市内中心部の西門エリアで、捷運の「西門」駅が最寄になります。藍線(板南線)、または小南門線が乗り入れています。
 ちなみに台北駅からも十分歩いていける距離です。途中にある「二二八和平公園」には、日本が鉄道開業時に輸入した10台のSLの内の1台がである「9号機関車」(日本で使用された後に日本統治下の台湾へ移籍した)が台湾の1号機関車と共に静態保存されている姿を見ることが出来ます。

#ちゃんとしたガラス張りの保存庫まで作って大切に保管してくれているのだからありがたい話です。

 話が横に逸れました。

 西門駅の6番出口から地上に出ると、西門エリアの入り口の目の前に出ます。
 ちなみにこの西門というエリア、日本で言うと渋谷と秋葉原が合体したようなエリアで、若者の街、という感じです。一角にはメイドカフェまであったりして、台湾の人達の「哈日」っぷりにはいささか苦笑せざるを得ないです。
 ちなみに日本の雑誌の専門店とかあって、ものすごーく恥ずかしい本とか、彼らは普通に読んでます。

#「哈日」:「哈日族」(日本に対して好意を持つ人)から

 恥ずかしいついでに…、「Bトレのすべて4」とかおいてあったんですよ…。

 あの「恥ずかしいファッション」(爆)は海外進出してたんです!!

#さすがに本を見た時には心臓が止まるかと思った。

 で、そのまま成都路を直進、200mくらい行って、西寧南路へ右折します。
 左手すぐに「萬年商業大楼」が見えます。

100411001b2.jpg

 この建物の4Fまで登ってください。

 確かエスカレーターを降りて、2回左折です。
 このフロアには他にも模型屋さんが数多く並んでいます。

100411002b2.jpg

 手前は主にプラモデルやTOY関連なのでぱっと身にわかりづらいですが、奥の方に日本型鉄道模型を中心にかなりのアイテムが置かれています。またTouchRailブランドの台湾型車両も販売されていますが、なぜか定価より高いケースが多かったです。

 ただしその値段ゆえか、妙なレアアイテムが結構潜んでまして…。

 こんなものを見つけてしまいました。

100411003b2.jpg

 TOMIXのHOのオハネフ12です。

 最末期の普通寝台連結列車である「山陰」を再現するのに必要なので探していたのですが、ずいぶん前に再販されたっきりで諦めかけていたのに、まさかこんなところで見つけるとは!!
 後先考えずに接収しました(笑)。

 同行者によると改良再販分(HO-578)ではなく、初回版(HO-501)とのことで、いつ頃台湾に来たかわかりませんが、下手すると10数年ぶりに日本に里帰りしてきたことになります。

 -----

 私が行った時には、おばちゃんが応対してくれたのですが、結構日本語が通じてました。多分日本人は上得意客なんでしょう(笑)。安心して行ってもらっていいと思います。だめならボディランゲージで何とかしてください。

 ★クレジットカード使用可
 場所:台北市西寧南路70号 萬年商業大楼4F5号
 営業時間:11:00-21:30
 電話番号:(02)2312-1581

 最終訪問日時:2009年11月26日18時頃 
 

 



プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。