Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近鉄小ネタ集

その1:通過標識灯を再現する。
 俗に「急行灯」とか「種別表示灯」といわれるランプです。
 近鉄は律儀に全車両に装備、かなり細かい表示をしています。

 8000系シリーズは腰部のテールランプの上に存在するのが通過標識灯です。

080330001b2.jpg

 左の8119号は未処理、右の8305号は快速急行奈良行にしたので、左右の通過標識等を黄色にしました。よく考えればこうするならテールランプは黒に塗った方が良いかも。

#連結器が違うのは気にしない。

 なお、詳しくは以下の通り。(Wikipediaより転載)

 正面から見て両側が点灯 - 区間快速快速急行以上の優等列車(団体・回送・試運転列車も含む)
 正面から見て右側が点灯 - 急行・区間急行・鮮魚列車
 正面から見て左側が点灯 - 準急・区間準急・配給列車
 無点灯 - 普通

 なお塗装時には下の黒塗り部分が溶け出してくるので、シンナー綿棒なり何かで先に落としておいた方が良いかと。

その2:モ8210形(1パンタ仕様)の再現

 8000系は当初2両編成で登場、その当時はモ8000形(Mc)に2つパンタを搭載していました。
 その後、中間車(モ8210形)も2パンタを搭載して登場したものの、結局1つパンタが削減されました。
 更に時代を経て8600系に倣った省エネ化改造時に機器の移設やらで2パンタに戻ったわけですが・・・。
 一部の車両は省エネ化改造をされずにその状態のまま使用され続けました。

 で、説明書にきっちり書いてあるこのタイプの編成ですが、残念ながらそのパーツは付属していません。
 試しにモ8000形用の先頭車の屋根をはめ込んだ所、当たり前ですが寸法が足りません。

 なので更に余ったモ8000形の屋根をぶった切って接着、屋根のストレッチを行いました。

080330002b2.jpg

 こんな感じになりました。で、困ったことにこういったアングルからの写真が無いもので、実車がどうだったのかがわからないので、まぁこんなものだったんだろう、という事で納得しています(苦笑)。

 あと、おまけの実車写真集。


[Read More...]
スポンサーサイト

さすがに気が済みました。

090327001b2.jpg

 作りも作ったり36両。(2両は以前作っていたので計38両・写真は拡大可)
 奥から
 8600系8619F(新塗装6連)
 8800系8904F(新塗装4連)
 8400系8405F(新塗装4連・現在は中間車が廃車で2連に)
 8000系8087F(旧塗装4連・現在は中間車が廃車で2連に)
 8600系8605F(旧塗装4連)
 8400系8416F(新塗装3連)
 8000系8079F(新塗装3連)
 920系960F(新塗装2連・更新改造後)
 920系904F(新塗装2連・更新改造後)
 8000系8085F(新塗装2連)

 これだけ作れば「一応」納得しました(笑)。

 ちなみにこれだけ作るのに、
 8600系新塗装4両セット×5
 8000系旧塗装4両セット×3
 8000系新塗装2両セット(スル関版)×3
 を使用しています。

#スル関版は3年前にオクで落としてから、一箱を除いて今日までまったく開封せず(笑)。

 買った人はわかるでしょうけれど、中間車の屋根が一組しか付属していないのでかなーり苦しい使いまわしを強いられました。パーツに余裕のあるスル関版のおかで何とかなったと言うところです。
 モ8210の1パンタ屋根はとりあえずモ8000の屋根をはめただけなのでこれからどうにかしないと。

 それ以上に車番が地獄(笑)。

 ------

 アクセス解析を見ていると、8000系の編成表を探してここに行き着いてしまった方がおられるようですね。
 おそらくほぼ完璧なものが手元にありますが、残念ながら私から公開する事はできません。
 だって私もググって調べたんで(笑)。

 それではなんですのでヒントを。
 まずは「近鉄 8000系 編成表」とググって見ましょう。少しだけ前の編成表がわりと簡単に見つかるかと。 もうひとつ、8000系初期車を含む旧塗装時代の物が欲しい方は、
 保育社という出版社が出していた「私鉄の車両13 近畿日本鉄道II」という本がお勧めです。
 1986年に出版されたもので絶版になっていたようですが、ネコパブリッシングがほぼ当時のまま復刻しています。
 全くの余談ですが、昨年鉄道コレクションで発売された2250系の名古屋線版6421系、の普通車格下げ後の420系も現役車両として写真が載っていたり、今となっては資料性の高い本だと思います。

近鉄8600系 8619F(X69)

 近鉄の新塗装車に手を出してみた。

 どれにするかいねぇ、と思いつつ資料をあさると、4連がほぼ全ての8600系にたった1本だけ6連が・・・。
 ということで8619Fに決定。

080326001b2.jpg


 とはいえ作るのは普通の4連に中間車2両をはさめばおしまい。

 なのでせめても、と言うことで禁断の車番切り貼りに挑戦。

080326002b2.jpg


 まぁ、こんなもんです・・・(苦笑)。

 ちなみに京都・大阪方から、
 Mc8619+T8169+M8670+T8170+M8669+Tc8119
 という編成になります。

 6両にパンタが5つ、こういう編成は大好きです(笑)。

DD53&近鉄8000系(旧塗装)

080325001b2.jpg

 あ、間違えた。  

[Read More...]

489系金サワH01編成 その4(完)


 はい、9両全て加工ができたのでこれで完成。

080323001b2.jpg

 おまけは続きにて。
[Read More...]

今日のお買い物

080320001b2.jpg


 動力ユニット(急行電車1):意外とあるところにはある。
 113系3800番代用前面(北関西車輌製造):発作的に買ってきたけれど…。
 ペンギンモデル製 HMステッカーHM38:「快速くびき野」が欲しかった
 ペンギンモデル製 ACステッカーAS17:JR西日本優先座席ステッカー(223系用に)
 電通車輌製造製 S-04 優先座席ステッカー(上記と同じもののメーカー違い、比較用に)

 自分で何をしたいのか良くわからないラインナップ(笑)。

489系金サワH01編成 その3

 とりあえず5連で落成。残りのMMユニット二組は屋根の塗り分け待ち。
 というか一日に2枚以上ようやりません。

080318001b2.jpg


 普段は塗り分けをするときには軍艦色2+ねずみ1号なのに、手近にあったという理由だけで灰色9号にしてみたら、とんでもなく明るいグレーでやんの。
 なんだかTOMIXの485系の屋根上みたいになっちゃったわ(苦笑)。
 塗り分けしたのが目立つのはいいけれどちょっとなぁ・・・。

 あぁ、そういえば。

[Read More...]

早速貼ってみた。


 ということで(前・前々記事参照)、できあがったステッカーを車両に貼り付けてみました。

080317002b2.jpg

 いやぁ、前パンはやっぱり良い

 つーか、この写真ではさっぱりだと思うのでアップ写真を。

[Read More...]

早速作ってみた。


 ということで(前回記事参照)、早速作ってみました。

080317001b2.jpg


 気合を入れて側面種別表示幕分も製作。

 あとは本線系・阪和系の入っていない行き先表示を補完して完成、と。

 問題は印刷してどれだけ綺麗に出るかなんですが。

まさか新幕作るとは思って無かったですわ。

080315001b2.jpg


 関西本線・おおさか東線・学研都市線・JR東西線経由の直通快速の種別表示幕ですが、意外な事に独立した新幕が表示されていました。

 ということで早速これを元にシールを作成しないと・・・。

新型デコーダー登場


 新型デコーダー「DZ125」が新たに発売されるようです。(ソース:Jー鉄道部 3/12更新分)

 DZ123の後継機種にあたり、BEMF機能が搭載、更に大きさが2/3程度になっているとの事。

 これは期待大ですね。DZ123はBEMFが無いことでやたらに走行安定性を欠き、ファンクションが使えること以外はEM13に劣るような有様でしたから(笑)。

 価格も2000円台で買えるならいいんですけどねー。とりあえず発売されたら一個は買ってみるとします。

489系金サワH01編成 その2


 で、続き。

 反対側はこのようになっています。

080312002b2.jpg


 本体無改造だとこんなものが限界ですね。

 本当ならこうすべきなんですが・・・。

080312003b2.jpg


 本体塗り替えOKなら何とかするところですねぇ。サロとモハのニコイチにすりゃなんとでもなるわけで。

 で、ここまで来たところで、参考資料の「JーTRAIN 28号」を開いてみたわけですね。

[Read More...]

489系金サワH01編成 その1


 シクレ被害をマトモに喰らって1編成分集めるのに往生した国鉄特急色489系。

 ようやく揃ったので、作業開始。

 先頭車のタイフォンの位置の関係で現行の編成ではH01編成とH04編成しか再現できないわけで、7連のH04編成ではいまいちなので9連のH01編成を選択しました。

 ということで。

080312001b2.jpg
 

 6号車に入るモハ489-19ですね。

 なぜだかこの車両のみラウンジ部分の直上のベンチレーターが撤去されているので、裏打ちした上で削り落としました。それに伴い屋根は全ての車両で再塗装です(涙)。どうせだから今回は全てクーラーとベンチレーターを塗り分けてやろうかと画策しています。途中で力尽きそうですが。

 ラウンジ&コンビニエンス部分の特徴的な窓は本来なら半分埋めて再現してやりたいところですが、それでは車体まで全塗装になってしまうのでオミットすることにしました。

 で、銀のシールで貼り付けて一安心、と思ったのですが・・・。

 次回に続く。

30代の人間に徹夜は無理なのです。

 ・・・ということでBトレ野郎さん主催の終夜運転会に参加してきました。

 まぁ、その、とりあえず・・・。

 JRFさん大暴走。

 ほっておいたらどこまで行っちゃうんだか・・・。

 写真で表現のしようがないので撮影してませんが、とんでもない代物を持ってきておられました。

 とりあえず私もやろうかどうか検討中のネタではあったのですが、実物を見るといてもたってもいられなくなったので、私もやります。

 上手くいったら、公開します。
 上手くいかなかったら、約2万円を散華させることになるので後悔します(をい)。

 詳しくはBトレ野郎さんのブログを見てもらった方が手っ取り早いです。

 一応何枚かだけ写真を。


[Read More...]

まだやってます。 ハコロコその後3


 今週末開催のBトレ野郎さんの終夜運転会対策(笑)にちまちまといじってます。

 で、ようやく塗装しました。

080306001b2.jpg

 直流機をイメージしたので、メインは青20号。前面はEF210と同様のブラック&ホワイト。
 メンテナンス用の扉はシルバーで塗装。これはオリジナルのE5000形に倣ったため。

 当初は私鉄の車両という設定でE2500形というナンバリングをしたのだけれど、それだと牽く車両が著しく限定されることに気がついたので、JR式にEH250形を名乗らせることにしました。

 ・・・まぁ、どういう位置付けの車両か気にしだすと泥沼にはまるのでそれ以上は考えませんが。

 さらに加工途中に悪乗りしてこんなものをつけてみました。

080306002b2.jpg

 EF63のASSYパーツのスカートから引っこ抜いてきた双頭連結器(笑)。これで碓氷峠の補機にもなれます(爆)し、甲種回送もばっちり。
 反対側は普通のKATOUSナックルカプラーですが(普通か?)。

 あとは念のためにクリアを吹いて保護しておかないと。

 これでとりあえずは完成です。

やっぱり白鳥の方が似合うと思うんですよ

 かつてKIOSKSP3で発売され、ボンネット車が存在した関係で今回BR7で復刻された485系上沼垂車。

 一時期は「雷鳥」「白鳥」として関西圏にも顔を出していた関係で、結構馴染みのある車両です。その割には全然写真を撮っていないのですが・・・。まぁ一時期鉄から足を洗っていた時期なので仕方がないのですが。

080301001b2.jpg

 ヘッドマークは「雷鳥」か「白鳥」かで悩みましたが、「白鳥」にしました。色の関係でこちらの方が似合っているような気がします。

 いやぁ・・・いいですねぇ。塗装の問題もなく、よくできてるなぁと思います。
[Read More...]

プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。