Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭くて小さいの。

 密かに期待の新製品だった、トミーテックの「建物コレクション」の狭小住宅が発売されました。

 今時どこでも見かけるような、3階建てで、1階がガレージになっている小さな住宅です。

080530001b2.jpg


 左側のがAタイプ、右側のがBタイプです。バスは比較用です。

 大きさは幅4cm、奥行き5cm、高さ6cm強、というところです。

 出来に関しては、建物コレクションの標準的、というかまぁこの手のアイテムが発売されたことを喜ぶべきでしょう、というレベル。可もなく不可もなく、ですね。

 ただまぁ思わぬ問題が。

 その名のとおり、狭くて小さいんです。

 この手の住宅はぽつんと立っていても正直サマになりません。わらわらと集中して建っていてナンボというものだと思います。

080530002b2.jpg


 購入したありったけの12棟すべてをモジュール上に並べてみました。

 これだけ並べてようやくモジュールの半分が埋まったにすぎません(もともと半分は公園か何かにするつもりなのでこれ以上は不要だけれど)。

 わらわら感(笑)を出すには相当な数を購入しないとだめっぽいです。

 そう考えると案外コストパフォーマンスは悪いですね。

 ただやはり今までありそうでなかったこのアイテム、必要ならさっさと買いに行くことをお勧めします。瞬殺の予感がすっごいしますので。

 まぁトミーテックはこまめに再生産するので、急ぐのでなければ大丈夫ですけれど。
スポンサーサイト

能勢電鉄1500系&1700系

 昨日(24日)ののせでんレールウェイフェスティバルで限定販売(厳密に言うと一般販売の先行販売)された1500系('83-'92)と1700系('94-'03)の2種類です。

 前もってのせでんに電話を入れた際に、一人2個限定、各色560個限定という恐ろしい情報を仕入れていたので、増援まで引き連れて、身構えてかなり早い目にいったのですが…。

 10時のオープン時点で約600人の人が並び、昨年の数倍の人が押し寄せてしまったようです。
 これもやっぱりBトレ効果でしょうか…。

 まぁ何とか代理購入分含めて、自分の分は無事に購入できました。

 その後、購入のための列は恐ろしい勢いで伸び、最長時100m以上は伸びていたかもしれません。結局560個限定というのは、押し寄せる人々に恐れをなした(嘘)のせでんの中の人の判断で追加されたようで、かなり長い時間販売はできていたようです。最後はストック分含め完売したようですが。

 まぁ、結局一般販売するらしいので(パッケージにはBANDAIマークが入っている)、買えなかった人も、遠方の人もお楽しみに、というところでしょうか。少なくとも現在オクで買う必要はないでしょうね。

#ただし再販されるとしても生産数が極小の可能性は大いにあるかなと。個人的には最小ロットの各色3000個(計6000個)を上回ることはないと考えます。

 今回は前フリがながかったですね。

 以下追記部分に続く。

[Read More...]

節子、それクハやない、シクレや

 新パート2は2ボールしか買ってないんですが。




 すいません、また出ました。

080525001b2.jpg

 クモヤ223-9001、通称「U@tech(ユーテック)」です。

 どういうわけか521系の妻面・スカートがついていたり、気合いを入れてわざわざ作ったであろう専用のステッカーの車番が「クモ223-9001」になっていたり、

 ダメダメシークレットです。

 そして発表、今回の犠牲車は・・・、
[Read More...]

どうせみんなヤルんだろ?

 本日無事に京都でも新パート2が発売されました。
 つーことで。

080522001b2.jpg


 基本中の基本?211系房総色2パン先頭車でございます。

 ネタは熱いうちにやれ、ですね(笑)。

ついに登場、箱根登山

080521001b2.jpg
1000形旧塗装デザインによるBトレ(Bトレインショーティー)(中略)販売する予定であります。」(箱根登山鉄道HPより)

 つ、ついに来ました。箱根登山鉄道がBトレに参入です。

 塗装は↑これではなくて、登場時の↓こちら(最近リバイバル塗装をしてあるそうですが)だそうで。

080521002b2.jpg

 実車写真がないので模型ですが。

 2~3両編成でとことこと走るこの車両はBトレにはうってつけです。車間距離が長いのも実車通りですしね(笑)。いつ発売かはわかりませんが、超期待の一品になりそうです。

Project 3000 #1 まずは確認。


 #個人的な備忘録を兼ねます。

 そんなこんなでスタートする近鉄3000系プロジェクトです。

 運用範囲は限られるものの1編成しかいないために捕まえるのが大変な3000系。
 実際過去に撮った写真は模型用の資料としては全くと言っていいほど役に立たない写真ばかり。

 つーことでぐぐるさんにお伺いを立てると、とあるブログになんと3000系の屋根上・妻面の写真がどっさり乗っているじゃないですか。

 ということでお願いしてオリジナルの写真をまとめて譲渡していただきました。

#ひまわり様、感謝いたします。

 で、詳細を確認してみました。
 写真を直接載せられないので図にしてみました。

k3000.jpg
 (拡大可能です)

 なんと配管関係が8810系と完全に逆でした。

 特に妻面部のケーブルボックスの位置関係が逆になっている関係でモ3001号の配管関係はすべて使い回しがききません。妻面の配管までまたまた真鍮線でパイピングをする羽目になりそうです。

 これ、フルスケールのNで作ろうと思ったらとんでもない大改造になるような気が・・・。Bトレサイズでもかなりだけれど。

 これが「各自工夫」なんですねぇ・・・。やれやれ。

さーて、来週の改造ネタは?


 うがぐぐ、ではなくて。

 近鉄ネタその2は、こいつです。

080519001b2.jpg

 近鉄唯一のオールステンレスカー&電機子チョッパ制御車、3000系 SC01編成(Ver.2008)です。
#といってもこの1本しかいないけれど。
 登場当初から長らく3連+1という形で使用されてきたものの、1991年に他車と連結できるようにブレーキが改造され、その後2002年に先頭車であるモ3002号の運転台が撤去されて4連固定化されました。その現在の姿で制作する予定です。

 再びパーツを切りまくりの所からやり直しです(笑)。
 まぁ基本は8810系と同じですので途中はすっ飛ばすことになるでしょう。

 JAMまでに完成すればいいなぁ…。

#というかJAMでこんな車両を走らせても壮絶なまでに「ウケない」んでしょうけど。

Prokect 8810 #13 ふぃにーっしゅ!!

080518001b2.jpg

 やーっと、完成しました。

080518002b2.jpg

#この距離まで近づくとアラが目立ちまくりですね(苦笑)。

 側面(前面もだけれど)の行先表示幕はK-TRADING社のインクジェットプリンタ用デカール用紙、「ミラクルデカール」を使用しました。

 通常販売されているデカール用紙というのは事実上アルプス電機社のMDプリンタ(熱転写型プリンタ)の専用のようなものですが、この用紙はその名の通りごく普通のインクジェットプリンタでデカールが製作できるという代物です。

 今回初めて使用したのですが・・・・、

 使えます、かなり。

 やや扱いに気を使うところはありますが(異常に粘着力が低い、非常に柔らかい)、何といっても気軽にデカールが作れてしまうところが非常に良いですね。

 熱転写型プリンタの場合は苦手な色(薄い色やグレー系)もインクジェットプリンタなら簡単に印刷できます。ただし当たり前ですが白や金銀は不可ですし、隠蔽力は比較的高いものの、重ね張りしないと地色の影響はどうしても受けます(ただ薄いので重ね張りしてもそれほど気にはならないけれど)。

 どちらが良いかと言うより、両者得意不得意があるのでそれぞれ補完しあう関係にあると思いますね。

 ちなみに色は白とクリアがあります。最近の銀電に多い、銀に黒の車番とかだったらクリアで簡単に作れますね。

 まぁ、これで近鉄プロジェクト第1弾は終了です。

 以下おまけ。

[Read More...]

Project 8810 #12 ラストスパート!

080513001b2.jpg

 窓ガラスを入れ(妻面はわざと入れてませんが)、足回りを組み、自走可能状態になりました。

 を、ちゃんと8810系に見える(笑)。

 あとは行先表示幕デカールだけですが、インクジェット用のデカール用紙の白を買ってこないと…。次の週末くらいには行けるかな?

Project8810 #11 インレタなんてキライだ…。

 結局GM#64-10の専用インレタは手に入らないので、GMストアで1252/1436/6422系用のインレタを買ってきて、ひと桁ずつ根性で転写しました。

080512004b2.jpg


 いったい何度失敗したことか…。あぁぁ、インレタなんか嫌いだ(涙)。

 あと前面の数字はあまり小さすぎるので断念。ありゃ無理すぎる…。

 で、もう一つの課題だった屋上配管。

080512003b2.jpg


 どう考えても接着剤を使うと取り返しのつかないことになる予感がしたので、割ピンを使うことに。

 使い方がいまいちわからなかったので、GMストアでアドバイスをもらい、挑戦してみました。
 購入してきたのは銀河モデルの N-049。
 ピンバイスで0.5mmの穴を開けて、天井に突き刺して、あとは塗装した真鍮線を固定。
 裏側に突き出している部分を折り曲げて終了。思ったより簡単で、しかもすっごく実感的になりました。

 現在クリアを吹き、乾燥中です。
 あとは窓ガラスを入れて、行先表示幕を整備してやれば終了です。

 

久々にやる気の出そうなアイテム。

久々に関西系限定品が発売されるようで。

080512001b2.jpg

 能勢電鉄の1500/1700系(旧塗装バージョン)という非常に予想外な所から出る、ともいえるし、パーツの使い回しを考えると必然、ともいえるチョイスです。

 ぶっちゃけ、のせでんとしてはどうでもいいともいえるわけですが・・・。

 のせでんオフィシャルサイトの写真を見るとですねぇ、

 先頭車1パンタ屋根が新規パーツとして作成されています(はっきりとはわかりませんが、前面も多分5300系使い回しではなく新規でしょう)。

 何が言いたいかというとですねぇ・・・・。


[Read More...]

当社比2倍。

Bトレ野郎さん主催の運転会に参加のみなさん、お疲れ様でした。

 道に迷って遅れた挙句、10時30分に帰ったおバカさんです。

 
まぁ、行きたい気分だったんですよ。

 そんなこともあります。

 ------

 前日は日本橋を徘徊してたんですが・・・。

080511001b2.jpg

 16番のDD51ですね、

080511002b2.jpg

 増えました。

 DD51といえば重連だよね。

 旧客とか引っ張るのが最高なんじゃね?(断言)

 まぁ、中古で1万円しましたが・・・、Nの2倍程度でこの満足度なら納得できます。今度のは再生産分でプラグインでDCC化できるし・・・。

今更な話ですが ~阪急9300系~


 昨年6月に「少量生産」されて、関西人を混乱のどん底に叩き落としてくれた阪急9300系の話です。

 必死の思いで確保したものの、それだけで安心してしまいほとんど手つかずでした。

 というのも、クーラーだけは塗り分けされているものの、グレー部分が省略された屋根をどうにかしないと・・・と思って、あがいてみたものの不器用な私では凹んだ部分にきれいにグレーを落とし込むという芸当は到底無理だったわけです。

 そんなこんなで時は流れ、ほぼ1年たってしまったわけです。

 近鉄の塗装用に購入してきたGMの「小田急アイボリー」が阪急のアイボリーとしても指定されていたわけです。
 そこで一念発起、もう一度やってみました。

080508001b2.jpg


 開き直って、IPAプールにどぼんして、先に屋根のグレーを塗装しました。
 しかる後にマスキングして小田急アイボリーをひと吹き。

 前面パーツの上部も併せて塗り替える必要はありますが、これで行けそうですね。

 なんといっても失敗してももう一度IPAプールにどぼんで済むのが精神衛生上非常に良いです。

 ただこれをあと23回もせにゃならんのですが…。

 まぁ、窓ガラスのクリアグリーン化などもあるので、結局の所、完成まであと1年位かかりそうな雰囲気ですね(笑)。

 -----

 近鉄8810系はインレタ(GM#64-10)が手に入りませんので作業ができません・・・。
 どこかに売ってませんかねぇ・・・。困った困った…。

 

プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。