Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOMIX 14系15形 到着。

 久々にHO車両を増備しました。

 昨日発売の14系15形客車です。

081030001b2.jpg

 基本セット1つと単品のオハネ15形を2両、計6両で…4万円くらいだったっけ。

 あっはっは、Bトレと軽くケタがひとつ違います。

 手持ちの12系客車と組み合わせて「だいせん」な、つもりだったんですが、

 そのまま「あかつき」でもいいかなぁ…。でもそうすると、EF65かED76がないと格好がつかないし。

 とりあえず感想。

 14系14形もそうだったんですが、結構紺色が暗い感じですね。
 あとTOMIXのHO車両は初めて買ったんですが、付属パーツの多さにびっくり。

 トレインマークは無論、インレタとか、細かいパーツとかがどっちゃり入ってます。

 ディテールに関しては…、良くも悪くもTOMIXっぽいですね(笑)。何故かNゲージをそのままスケールアップしたような感じがします。

 さて・・・・、どうやってこんな長編成を走らせましょうかね(苦笑)。
スポンサーサイト

覚悟のススメ


 ちょっと他人様のブログに連動させたお話です。

 いわゆる「フル編成道」というモノに関する事です。

 私の場合、買うと決めた車種に関しては、ほぼフル編成にしてしまいます。

#例外的に大阪市交のみ、4両で統一。

 それこそ、考えられる、自分が取りうる全ての選択肢を行使して、すると決めたら絶対に。
 その為に、法に触れること以外でしたら、何でもやっちゃってます。非難されるのを覚悟でクソ忙しい時期に会社も休みますし(笑)。それに情報収集や、ネットワーク・コネ作りまで色々やることはあります。

 まぁ、その為に膨大な時間とコストを費やしてます。

 仲間もそうですね。さながら白鳥のように水面下であがきまくってますよ(笑)。

 結果的に定価で手に入れたとしても、トータルコストを考えれば、オークションで手に入れた方がよっぽど安かったりすることは多いんですが(泣)。

 でもまぁ、たかがBトレ、されどBトレ。バカらしい話ですが、かなりマジにやってます。

 -----

 以上を踏まえて、あくまで個人的に、ですが。

 フル編成道に入ろうとする方へ。

 そこまで苦労して、フル編成にこだわりますか?

 こだわるなら、何かの犠牲を払う気持ちはありますか?


 -----

 もちろん、その人の立場によって、できることの範囲は異なります。

 財力なんかはモロに違いますし、割ける時間も異なります。

 それでも、いや、それだからこそ、「できる範囲で最大の努力を」見せてもらいたいんですよ。

 -----

 ぶっちゃけ、財力でいえば、私なんか、30代の給料じゃありませんよ。

 最近だったら大学新卒の人の方が給料多いんじゃないかな?(泣笑)

 それでも、できるだけはやってます。

 -----

 譲渡・交換を申し出る場合には、それ相応の「配慮」をしていただければな、と思ったりします。

 特にどう考えても、それが「希少品」である場合なら。

#オークションの落札価格、というのは、わかりやすい計器になりますね。
 あれが「市場のその商品に対する評価」をほぼダイレクトに反映しています。

 見ず知らずの人間であればもちろん、親しき仲にも礼儀あり、です。

 一方的にお願いするばかりでは、相手の人は応えてくれませんよ。
 お願いを聞いてもらうためには、日頃からいろいろ餌付けして飼いならしておかないといけません(笑)。

 -----

 その辺と関係なく私信。

 BR7の国鉄特急色の中間車は手持ちがありません。

 つーか、あれ、シクレ被害をくらってしまって、不足分はオークションで大枚はたいて手に入れてますし。

在庫管理って大切。


 昨日は予想外の日中の雨のため、外出もできない、塗装もできない状態になったので、Bトレの在庫整理を行いました。

 ・・・ぶっちゃけ、積み在庫の調査ですね。

 まぁ、出てくるわ、出てくるわ。

 貴重品の山

#具体的にやると命を狙われかねないので伏せます(笑)。

081026001b2.jpg

 我ながらひどいなぁ、と思ったのが485系。

 ひたち色とか2編成分あってもどうしようもないし、国鉄特急色は6連+9連が組めちゃう。
 白山色はさすがにBR7の時に消費したからそれほどはないけれど。

 パート16が出た時にはさすがにこれだけカラーバリエーションが立て続けに出るとは思わなかったから改造ネタに、と思って貯め込んでいたのだけれど…。もう塗り替えネタって尽きたんじゃないかなぁ(笑)。
 京キトA03編成とか、彩への改造で多少消費したとはいえ、まだこれだけあるわけで…(さらにセット販売分の国鉄特急色の分もかなり所持)。

 ・・・もしかして全色あわせたら、300両以上は持っているかも?
 なにせ485系で持ってないのはないし、全部フル編成だし…。

Bトレ野郎さん曰く。
> Bトレは強い意思がなければ、勝手に増殖します。(笑)

 うん、まさにその通り(泣笑)。

 -----

 チーム内で来春に「ベストオブBトレバカ」を決定すべく、棚卸をしろと言われていますが…。

 正直、ヤバい予感がします(笑)。

#3000両、越してなきゃ、いいんだけど・・・。 

細かすぎてわからないシリーズ vol1 485系MM89ユニット

 また新シリーズが増やしてしまった…。

 仕事が繁忙期で大きな改造を手掛ける気力が不足しているので、しばらくは地味なネタしかできそうにないです。

081025001b2.jpg

 ということで。
 モハ484-89+モハ485-89のユニットです。

 183系800番代のボディに485系のキノコクーラー屋根を載せただけです。改造、というものでもありません。

081025002b2.jpg
 (2004年3月23日 綾部駅で撮影)

 この日はA46編成のモハ182-701・モハ183-1805の代わりに、本来増結ユニットである89ユニットが組み込まれていたようです。

 注目すべきはこのユニットの経歴です。

 72年に新製、青森所に配属。
 85年に鹿児島所に転属。
 86年に福知山所へ転属。
 90年頃、向日町所へ貸出。
 04年5月に吹田工場へ回送、廃車。

 広域転配が多かった485系ですが、これだけ広い範囲を走り回った車両は珍しいのではないかと思います。
 受け持ちがはっきりとわからないので想像ですが、「はつかり」として上野~青森間を走り、「有明」として博多~西鹿児島間も走り、そして福知山に飛ばされてきてラインを一本追加され、「北近畿」に充当。
 これは間違いないのですが、向日町所に一時貸し出され、ラインが一本多い状態のまま「雷鳥」編成に組み込まれて、大阪~富山間を走り(「中野文庫」様の編成表でも確認できます)、最後は福知山所にありながら交流機器を撤去されることなく「485系」として、生を全うしたわけです。

 上の写真のようにA編成色に組み込むもよし、B編成の増結として使うもよし、雷鳥編成に組み込んでしまうのもよし、色々使えるユニットになりそうです。
 

やる気様が帰ってきた。


 久しぶりにやる気様が帰ってきたーーーッ、ということで。


[Read More...]

だらだらと運転会やってました。


 昨日から今日にかけて、いつものメンツで、だらだらと運転会やってました。

 今回はまったくもって新ネタなし。

081019001b2.jpg
▲クヤR291+クモヤ223-9001(シクレ)+
223系5000番代2両+U@Tech3両(自主製作分)

 ひっどいネタ列車だ(苦笑)。とはいえ走っている分には意外と違和感がなかったり。

081019002b2.jpg
▲ Fさん製作の「てかート(てっかてかラピート)」。

 一度全部塗装を落として、再塗装、磨きあげられたもんのすごいラピート。
 つーか、運転手乗ってるし!!

 あーだこーどイジるのが、イヤになりました(苦笑)。

 -----

 帰路、大阪駅にて。

 183系C編成、一本ふえたーっ!!(笑)。

 ・・・あ。

 私信:Fさんへ
 すいませんすいません、クモハ183の代金、お支払いするの忘れてました!!
 次の機会にちゃんとお支払いいたしますので…。 

 クモハ183、いらないからってオークションで売り払ったのに、何やってるんだろ?(笑)
 
 -----

081019003b2.jpg

 京阪新3000系、乗ってきました。
 なんだか20系客車っぽい(おでこのラインと色が)。

 さぁ、来年のBトレはこれで決まりだね(笑)。

やっぱりこれは忘れてはいけない。


 183系といえば、これを忘れてはいけないでしょう。

081016001b2.jpg

 いつもは実際の写真の上に、同じものを描いていくのですが、余りに細かいので断念。このまま縮小してステッカーにします。

 4mm*2mm位になってしまうのでどうあっても同じだし(苦笑)。

223系2000番代に関する考察


 またしても223系2000・6000番代に関するお話です。

 前回の写真はあまりに分かりにくいか、と考えたので、改めて写真を撮り直してきました。

 まずは1次車。

Mc223-1004Tc222-2004s.jpg
(拡大可)

 うまいこと1000番代と繋がってきてくれました。

 左側の1000番代は茶色部分が狭く、角が丸まっています(これは1000番代のみ)。
 一方2000番代1次車は茶色部分が天地方向に拡大されました。
 また、窓は一部の窓が内側に折れるタイプの窓になりました。窓ガラスは熱線吸収タイプを採用し、ロールカーテンを廃したのに、結局乗客からの苦情でロールカーテンを後付けする羽目になったという話があります。

 次、2次車。

Tc222-2047s.jpg
(拡大可)

 2次車になると、窓ガラスがクリアグリーンっぽい色に変更されました。ロールカーテンは当初から装備されています。
 2~4次車は小規模な改良はされていますが、Bトレ的には無視できるレベルの変更といってもいいかと思います。
 製作するなら、窓ガラスパーツを裏面から着色してやり、あとはお好みで内折窓を表現する横桟を入れてやればそれっぽくなります。
 今回「6000番代」として発売されたV編成はこのタイプから改造されたものですね。

 そして5次車。

Tc222-2099s.jpg
(拡大可)

 ここからガラッと仕様が変わりました。
 窓ガラスははクリアグリーンのまま、一段下降窓になったので、横桟が無くなりました。
 最大の変化は茶色部分が狭く、1000番代と同様の太さ(ただし角は丸くない)に戻っています。

 最後に6次車(6000番代MA編成)。

Mc223-6114s.jpg

 基本的に上記の5次車と共通です。
 結局の所、2パンタである所に尽きます。

 ここで注意すべきは窓枠部分の処理です。Bトレの2000番代は窓枠は茶色に塗装されていますが、このタイプは窓枠は銀色になっています。
 なので、MA編成を作ろうとして、6000番代キットの帯だけ狭くしても、窓枠を銀色塗装にしてやれないと厳密には不正解、ということになります。下の4色帯を維持したまま、上だけを塗りつぶすって、かなーり難易度高いと思いますよ・・・。

 しかし、223系も意外と奥が深いですねぇ・・・。

西スペ4、その後。

 結局、11日から今日にかけての3日間、毎日新大阪駅まで行って、引いてました。

 ばっかじゃないのぉ?(→自分)

 あと、いろいろ無理言ってすいませんでした(→KIOSKのおばちゃん)

 まぁ、おかげさまで183系は4連×3、3連×1が揃いましたので、良しとします。

#思ったより大漁でした。

 無論狙ったものを100%引けるわけもなく(どうやったらそんなことができるのやら)、誤爆で103系を大量に引いてしまったわけですが、引き取り手も大体見つかり、残った分はせっかくの新規前面を活かして、改造種車にするつもりです。

 で、躊躇なくシクレを組んでみました。

081013001b2.jpg

 実車写真を見ていると帯の部分はもっと紫っぽいような気もしますが、まぁいいや。
 クヤとペアになるクモヤもいますが、一応単独走行可能なクヤとして組みました(なのでスカート無)。
 窓の部分は燃料電池ユニットが設置されている部分がルーバーになっているのを再現するシールが付属しているのでそれを使用しました。

 まぁ結構いい感じですね。今度のホビセン運転会で単車で爆走しているかもしれません(笑)。

 あと183系。

081013002b2.jpg

 実車と思いきり色が違うのですが・・・、もういいです(苦笑)。
 実際のところ、天候や光の加減で結構違って見えるのでこれでもいいでしょう。

 あの色を調色するのは極めて困難なので、この色で出ただけでいいと思います。

 それと、クハ(クロ)のスカートの形状が変更されています。今回だけか、今後はこの仕様になるのか、気になる所です。

 そうそう、京阪から(新)3000系が発売されたので、買ってきました。
 
[Read More...]

皆さんお疲れ様でした。


 今日10月11日は関東・関西共にお祭り騒ぎの一日でしたね。
 日比谷バトルフェスティバルは例年通り凄まじい事になっていたようですが・・・。参加された方はお疲れ様でした。

 関西でも阪急・阪神の鉄コレ+Bトレ西日本SP4の合わせ技で、私なんかは体力的にも財力的にも地獄を見たわけですが(笑)。

 伝聞ですが、阪神は午前9時過ぎにほぼ無くなっていたらしいですね。いやはや恐ろしや恐ろしや…。直感で阪神最優先にして正解でしたわ。

081011003b2.jpg
▲ 奥:阪急810系 手前:阪神5201形 (拡大可)

 インパクトではやはりジェットシルバーの方が勝りますね(笑)。ただ実車がこの2両だけでちょっと広がりに欠けますね(登場時と晩年時はずいぶん状態が変わっていたそうですが)。
 購入数は阪急の方が多く、ジオマトリクスのインレタ使って嵐山線の710系4連にする予定です。

 さて、昨夜はネットカフェでほとんど寝れませんでしたので、現在38時間程ほとんど不眠不休で死にそうです。そろそろ泥のように眠らせていただきます(苦笑)。

節子、それクハやな(ry

#ずっと当ブログをご覧頂いている方はタイトルだけでどういうオチかもう見えていると思いますが(苦笑)

 えー、先程西日本スペシャル4を購入してきました。
 大阪駅・新大阪駅で購入してきましたが、新大阪駅ではフライング販売されてしまい、ちょっとイタタでした。現状ではレールスターの初期の様に、かなり限られた店に少数しか出荷されていないようです。
 つーか、京都駅で売ってないってどういうことよ。たまたま鉄コレの購入の為に大阪に行ったから良かったようなものの、去年みたいに京都駅に行ったら死んでたよ(苦笑)。

 で。とりあえず(2ボール)24個購入しました。5ボール(60個)置いてあるなかから適当に選んで、売店の裏で頑張って開封。

 すると、そう、噂のヤツが・・・。
[Read More...]

結局誘惑に負けた ~伊豆急100系~

 あー、関東系の車両は極力増やさないようにしないと…と思っていたのに。
 関東人のお祭りっぷりを見ているうちに欲しくなってAセットを買ってきてしまいました。

 ということで、伊豆急100系(Aセット)です。

 実車に関しては多分2度乗っています。最初は5才ぐらいの時に伊豆急行に乗っているので、多分100系に乗っていると思います。
 2度目は20年ちょい前。ハイグレード車「ロイヤルボックス」を連結するようになった直後くらいで、親に無理を言ってロイヤルボックスに乗せてもらった記憶があります。混雑する普通車を尻目に、がらがらのロイヤルボックスから海を眺めていた記憶があります。

 今回モデル化されたのは非冷房当時の車両です。

 Aセットはクモハ110+クハ150+サハ170(モハ140)+クモハ100という構成ですが、まぁ袋を開けると出てくるわ出てくるわ、ものすごいパーツが(笑)。
 前面は低運転台の栓受有・無、先頭改造車の3枚。久々にパーツが充実したセットですね。

 取扱説明書にいろいろなパターンの編成図が記載されていますが、どうも1つではまともに成立しないようです。
 それなら、ということで、実車の事は横に置いておいて、いろいろなパターンが楽しめるように組んでみました。

081007001b2.jpg

 クモハ110は先頭改造車の131号として製作。通常の高運転台ともちと違う武骨な顔付が良いですね。
 サハ170は172号として製作。妻面の窓埋め(トイレがあったということでしょうか)が不要な車両という事で選択しました。
 クハ150は低運転台の157号として製作。特に理由はなく、ノーマルな形態を取り、スカートも装備しない車両として選択しました。

081007002b2.jpg

 そして両運転台のクモハ100は103号を選択。現在唯一「動ける」100系として残る車両ですね。
 この両運転台車、良いですね。まるっこくて、何とも言えずユーモラス。営業運転としては単車運転というのは無かったようですが、模型としては単車でとことこ走るのもよさそうですね。

 いやはや、しかし関東人が大量に買い込むのもちょっと理解できますね。もうとにかく形態が多くて、複雑怪奇。それにある程度は対応できるようにしてあるのも凶悪ですね(笑)。
 上手いこと完売したら、後々冷房車やら、サシやサロも出るかもしれませんね。ロイヤルボックス込みの編成が組めるなら私も買っちゃうだろうなぁ…。

 一般販売4両セットしては久々の良キットだったと思います。

 あー、Bセットも買っちゃうかな・・・。

0系カラバリ発売決定!


 ・東葉高速2000系4両セット
 ・0系ウェストひかり6両セット(21形-26形-37形-16形-25形-22形)
 ・0系SMBCカラー6両セット(21形-26形-37形-26形-25形-22形)

 いずれも一般販売だそうで。
 0系カラバリがJR西日本商事扱いでないのは意外。
 とかいいつつ、「さよなら0系セット」(現行仕様)とかしれっと出してきたりするかもしれませんが(笑)。

 ちょっと調べてみたところ、ウェストひかりの編成は、

 登場時6両編成(昭和62年)
 21-26-37-16-25-22(1箱)

 12両編成(昭和63年?)
 21-26-25-26-37-26-25-16-25-26-25-22(4箱)
 その後
 21-26-37-26-25-22(2箱)

 の様です。ホビーサーチに記載されている文章によると、パンタ横の整風板がある状態でのモデル化だそうですが、登場時にはまだ整風板は取り付けられていなかったようです。
 凝りだすと、怖そうですね、これも(笑)。

 SMBCカラーの方ですが、今年の5月に私が新大阪~博多南間を乗車した時には、

 R63編成 ←新大阪 22-7006+25-7014+26-7010+25-7905+26-7211+21-7006

 こんな編成でした。この編成を再現しようとすると、2箱要りますね…。うーん。

 しかし0系って車両の入れ替えが激しくて、web上には詳細な編成資料が無いんですね…。

プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。