Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤード製作中です。

 現在こんなヤード入り口部分のモジュールを作っています。

100527001b2.jpg
(拡大可)

 ありがちな配置ですね。えぇ、そりゃもう。

 ただし、一工夫してみました。

 b-netやDCCトレインの運転会に来ていただいたことのある方はごらんになられたことがあると思いますが、よく「手動でポイントを切り替えて」います。
 ぶっちゃけ、目の前のポイントをいちいちポイントナンバーを打ち込んで切り替えるというのは非常にめんどくさいのです。

 ただし、ぱっと見で進行可能な方向というのはわかりづらいもので、うっかり開通してていない方向からポイントに突進して事故ってしまうというのはよくある話です(DCCはヤードの中に全て通電されているのが普通ですからこういう事故が起こりえます)。

 ですので、(実感的ではないという批判は甘んじて受けますが)開通している方向を明示するためのLEDを取り付けたりすることが多いです。
 ところがこのLEDが取り付けがかなり難儀なのです。以前取り付け方法を教わり自分でやってみたことがありますが、ポイントを分解して配線を取り付け、レールに半田付けして・・・とかなりめんどくさく、量産する気にはとてもならないような作業でした。

#言っておくが、この手の作業はかなり苦手。

 そんなこんなで悩んでいたのですが、紀伊の国から天の声が聞こえてきたのです。

 「永末のデコーダを使えばええやん」というお言葉を賜り、更には必要分を譲っていただきました。

100527003b2.jpg

 それがこれ、「DA7ExtIn」というデコーダ。

 とってもちっちゃいです。へたすれば道床内に内蔵することすら可能なくらいに。

 見た目はあれですが、実はとっても有能なポイントデコーダです。
 事実上ゲージを問わずほぼ全てのポイントをコントロール可能な上に、標準で転轍表示LEDが接続可能、さらにスイッチを接続すればDCC運転中に直接転轍もできるという優れものです。

 LEDもそうですが、スイッチで直接転轍が可能というのは実はとっても便利です。それこそ実感的とはいえませんが、ポイントの小さな切り替えつまみを操作するのはいざというときには結構あせるもので・・・。

 それこそこの簡易モジュールはお座敷運転の延長線上にあるという考え方ですから、こういう装備は「アリ」なわけです。

 動画を用意して見ました。

 線路電源投入→転轍表示LED点灯→D101からポイントナンバーを入力して操作→スイッチを操作して直接転轍

 という順になります。

[広告] VPS


 一つあたり3200円と結構いい値段がしますが、12個まとめて買えば一つ2240円と結構安くなります。
 これだけ多機能であることを考えれば、とても安いと思いますね。

 -----

 ただし、永末デコーダ初心者の私には、設定はおろか接続するのにも一苦労(という名の他力本願)でした。

#ほんとすいません

 -----

 個人的メモ。
 ※互換プログラミングモードへの入り方
 RAIL A/Bをプログラムコネクタに接続、PGM線を線路へ接触させて線路電源投入。
 設定中は接触し続けないと記録が残らない?

 ※変更すべきCV値
 CV1:ポイントナンバー
 CV52:242を240へ(これをしないと反位時に高速点滅してうっとうしい)
 CV60:101を117へ(これを設定するとレジューム(記録保存)モードに)

 

 


スポンサーサイト

短くなっても男前っぷりは健在です ~新幹線500系~

100521001b2.jpg


 当初予定より早く、序より届きましたので早速組み立ててみました。
 16両はさすがに疲れましたが・・・、

 いや、ものすごく出来いいです。どこからどう見ても500系。

 フル編成のサンプル品を見ていましたが、見えなかったアングルから(真正面とか)がものすごくカッコいいのです。

100521002b2.jpg

 先頭車(521形)とか定員9名になってますが(笑)、そんなの関係なく、ものすごく美しいのです。

 あとAセットとBセットで一つのデザインになっているパッケージも◎です。

 現状で今年のBoB及びパッケージ賞の最有力候補ですね。

#年に一回程度、こういう気合の入った商品を作ってくるから侮れないです・・・。

 とりあえずフル編成にAセットが5つも必要なところから、市場から早々になくなる可能性が高いと思われます。ピンと来た方はさっさと購入しておくことを強くお勧めします。

 -----

 今回の商品は「初回限定品」を強く打ち出していますが、「通常版」はどうなるんでしょうか。
 W3編成以降の仕様となるのは確定ですが、V編成のパーツがどういう扱いになるか注目です。

 個人的にはJR西日本商事限定品でV編成Aセット・V編成Bセットとして別扱いで販売してくれるといいかなと思います。屋根上はもちろんですが、側面も結構変化していますからそうしてもらった方がいいかなと。
 まぁ、そうなれば2箱で1編成が成立するというのが一番の理由ですが。


名鉄3種とりあえず組んでみました。

 もうすぐ500系も着荷しますので、とりあえず全種組みました。

100520001b2.jpg

100520002b2.jpg

 左から4000系・3300系・5000系です。
 側面と妻板は共通ですが、後はそれぞれ別パーツで、微妙な差異が面白いですね。

 とりあえず、窓ガラスのクリアグリーン処理だけは行いました。
 車番は…、なんか付属のステッカーのものはかすれているのでMDプリンタで作ろうかと思っています。
 実車がステンレスボディに銀の車番と言うクレイジーな仕様になっているのですが、できればそれっぽく見せたいところです。

100520003b2.jpg

 えー、これだけは今回譲れなかった、3150系×3。

 ブツ6でもよし、2+2&2+4でも良し。何でも使えます。

 もっとも中間車が6両余ってしまいましたが・・・。どうすりゃいいのさ・・・。

 あ、貫通10れ(ry
 

名鉄3300系

 えー、悲しいくらい話題にならない、名鉄銀電3種のお話です。

 そんなにあんたら名鉄が嫌いか!嫌いなんか!!

 まぁ、どうでもいいだけですよね(涙)。

 -----

 とりあえず序に入荷するということで、予約をお願いしました。
 ようやく今日入荷したということですので、引き取ってきました。

 -----

100518001b2.jpg

 まずは3300系を素直に3300系として組んでみましたが…。

 以下、今回は写真が並びまくります。
[Read More...]

形見分け

 昨日正雀工場で購入したアレが今日到着していました(さすがに持って帰るほど腕力は無いので)。

100510001b2.jpg

 6300系のシートモケットです。ちなみに7000円也。安いのか高いのか、なんとも微妙な金額ですが。

100510002b2.jpg

 ひっくり返すと、「6457東1」の文字が。
 6357Fの河原町方先頭車の6457号で使用されていたもののようです。

 6357Fは昨年11月に6350Fより先に運用離脱、当月中に解体されてしまっています。

 解体された姿を見たわけではないので、いまいちピンと来ないものがあったのですが・・・。
 このパーツがこうやってここにあるということは、やはりもうこの世に存在していないということなんですよね。

100510003b2.jpg

 在りし日の6457号。(2009年5月4日撮影)

 たった1年前なのに・・・。
 

春の阪急レールウェイフェスティバル2010に行ってきました。

 某氏と共に本日開催された正雀工場の一般公開イベントに行ってきました。

100509001b2.jpg

 正雀名物、P-6の動態保存車、116号に乗りました。

100509002b2.jpg

 さすが阪急車、80年選手でも乗り心地は上々でしたが、当然吊掛駆動車ですし、コレが全速走行で「燕」に喧嘩売っていたことを考えると背中に冷たいものが・・・。
 あ、後ろに900形の900号が繋がっていますが、P-6ばっかり人気で「要らない子」扱いだったのが悲しすぎます(笑)。

100509003b2.jpg

 表側から見えない場所にひっそりと留置されていました、6354F。
 未だ休車扱いのようですが、いつ解体されるやら・・・。

100509004b2.jpg

 6000系6001F「100周年ミュージアム号」。
 昨日ずっとこいつを待って宝塚線で粘っていても来ないわけです(涙)。

100509005b2.jpg

 「表示幕ビンゴ」って・・・。
 いろいろなアトラクションをやっていたのですが、これが一番傑作でした。

 -----

 そもそも「6300系車両部品販売」というのが目当てで行ったのですが・・・。

100509006b2.jpg

 発作的に、買っちゃった(てへ

#どこに置くんだ、これ。




嵐山直通運転 2010年春

 今年も4月29日から嵐山線への直通運転が行われています(5月9日まで)。

 今期は新たに(久しぶりにというべきでしょうか)梅田~嵐山に快速特急が3往復追加、後は高速神戸~嵐山に直通特急1往復、宝塚~嵐山に直通特急1往復、河原町→嵐山が快速特急4本、嵐山→河原町が快速特急8本という構成になりました。

 運転会のどたばたで撮影に行けてなかったのですが、ある編成が運用に入っていると知り、慌てて撮影に行ってきました。

 
 
[Read More...]

GWも終わりですが。

 とりあえずこの2日間、部屋の整理をしたり、ぼーっとしてみたり、名鉄5500系を組んでみたりしました。

100505001b2.jpg

 せっかくなので、事故復旧時に高運転台にされた5509Fにしてみました。

 前回品はマゼンダでしたが、今回品はちゃんとスカーレットになっているので良い感じです。
 もっとも廃車間際には結構色が褪せてましたからあれはあれでよかったのかもしれませんが。

 -----

 時に日車夢工房で一瞬だけ先行予約を受け付けていた名鉄3300/4000/5000系ですが(1日程度で受付終了?したようです)、そこでの写真ではなんだか5000系のクーラーキセの異様なデカさが気になりました。たしかに小さくは無いキセですがあれはやりすぎなのでは…。

 -----

 そういえば序超傷園(日本橋)へ行った際に、500系新幹線のフル編成のサンプルが展示されていました。
 先頭車側面の「JR WEST 500」の表示が印刷済なのは非常に良いですね。あれだけ大きいとシールにすると目立ちますしね。ただ塗装の荒れ(特に端部)がちょっと気になりましたが…。

 -----

 先日から「阪急は全部一緒に見える」という喧嘩売っとんのか的発言がちらほら聞こえてきますので、そんな貴兄らの蒙を啓くべく、特集記事を用意しようかと思う今日この頃。
 というても、私、京都線専門なんで神宝線はお手上げですけど(笑)。

 まぁ、そんなこんなでおおよそ平常運転に戻ります。

 

御来場御礼。

100503001b2.jpg

 「鉄道カーニバル in 新梅田シティ」に御来場いただいた皆様、ありがとうございました。

 
[Read More...]

プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。