Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでは、行ってきます。

 中国から帰ってきてからひっじょうに本業の仕事が忙しくて、家に帰ってきてまで集中力が持たず、結局いろいろなことができませんでした。

 一応、名古屋までこういうものは撮りに行ったのですが。

101229001b2.jpg

 現状では名鉄一の珍編成、1380系1384Fですね。

 こんな車両がマスプロ製品としてグリーンマックスブランドで発売されるんですから世も末ですねぇ・・・。

 もっとも、結構欲しいんですがね(笑)
 
 -----

 さて、この後から3日朝までちょっと「北へ。」行ってきます。

 ほとんど在来線のみで飛行機に乗らずに札幌まで往復するという、いつものクレイジーツアーです。

#さすがに特急は乗りまくるけど。

 そんなこんなで今回の更新が今年のラストとなります。

 みなさん、良いお年を。

 追記:
 (1)どうせツイッターで実況やってると思います。
 (2)Bトレアワード2010は帰ってきてから。

 

スポンサーサイト

中国から帰ってきました。

101220001b2.jpg

 12日日曜日から昨日19日日曜日までの一週間、中華人民共和国の紹興という街へ出張に行ってきました。

101220002b2.jpg

 まぁ仕事内容そのものはアレなので伏せますが、毎朝6時過ぎに起床、8時に現地事務所へ出勤、17時まで仕事、ホテルから飯食いに行って帰ってきたら21時、そこから0時ごろまで書類整理などの仕事、2時ごろまで一緒に行った人とハンタータイムというきっつい生活(笑)を送ってきました。

 写真は雪景色ですが、一冬に一回雪が降るかどうかという紹興の街で数年に一度レベルの雪が降りまして、もう街中大混乱になってました。

 みんなスタッドレスも履いていないのに、ノーマルタイヤで普通に走ろうとするものだから、ちょっとした登り坂でスタックしちゃって横向いた車が道をふさぎ、それを回避する車が、空いている反対車線に平気で逆行してきたり。

 なにより一番怖いのは、そういった道路状況でも眉一つ動かなくなった自分だったりします(笑)。

 中国でやっていくのに一番必要なことは「だって中国だもん」で全て納得できる精神構造だと思います。

 -----

 ちなみに中国国内からツイッター・ニコ動・2ちゃんは全て閲覧不可、挙句の果てにこのブログすら閲覧不能(笑・台湾関係の記事がまずいのか?)と中国政府ご自慢の「金盾」システムの威力を思い知らされる羽目に陥りました。
 ついでに中国国内で契約している携帯電話から、中国にある海外での契約の携帯電話に通話も出来ないようで、おかげで「かけられないけど受けられる」とかわけのわからないことがしょっちゅう発生するので、ほんとややこしいです。

 いやはや、自由に自分の意見を発信したり、やり取りが出来るというのが本当に貴重なものなんだなぁと思ってみたりして。

 -----

 で、そんな鉄分補充もできない出張生活だったのですが、意地でこんなものを探し出して買って来ました。

 

[Read More...]

EF64-1047 について

 コメント欄よりお問い合わせをいただきましたので、この場でお答えしたいと思います。

101207001b2.jpg

 このEF64-1047についてですが・・・

 塗料はほぼモリタ鉄道カラーを使用しています。
 車体基本:ディープブルー
 扉:サンドイエロー
 前面下部:ライトパープル
 屋根上:軍艦色1(Mrカラー)

 現状でメーカーサイトによると、サンドイエローは流通在庫分のみとなっています。私もこれだけ見つからなくて大須の爺で購入したように記憶しています。
 前面のライトパープルですが、個人的にはもう少し明るいような印象を持っているので若干白めに調色した方が良いように思います。

 そして側面のJRFマークと白帯はデータ作成による自作MDデカールです。なので良く見るとラインがよれてます(苦笑)。それともう一つ、目立ちませんが電暖表示灯は削り落しています。

101207002b2.jpg

 個人的に良く頑張ったと思っているのが(笑)、屋根上の塗り分け。
 この斜めになっているラインがもう地獄。障害物がいっぱいなので、1mm*1mm程度に細切れにしたマスキングテープを張り付けるというものすごく地味な作業の末どうにか何とかなりました。

 あと本当は足回りはグレーなのですが、バンダイ動力をばらして元通り組み上げる自信がありませんでしたので、とりあえず黒の足回りをはかせています。いずれグレータイプが出た時に挿げ替えるつもりです。

 以上、質問に関する回答でした。

近鉄21020系 アーバンライナーnext

 はーい、みんな元気に一狩りしてい(ry

 ・・・、え、いや、いろいろありますが、ちゃんと買うものは買って来てますよ。

101205001b2.jpg

 恐ろしく影の薄い近鉄のフラグシップトレイン、21020系「アーバンライナーnext」です。

 初代アーバンライナーの予備車及び旧形車の置き換えを目的に2002年に2編成だけが製造されました。
 ほぼ名阪直通運用のみに固定されている関係もあり、私はこの8年間1度も見たことがありません。
 22600系なら新製直後から京都線でかなりの回数目撃しているんですが。まぁ数の違いですね。

 6両全てが異なる形態をしていますが、上手く工夫して2セットでフル編成が成立するようになっています。

101205002b2.jpg

101205003b2.jpg

 JR西の283系「オーシャンアロー」と共通性を感じるイルカっぽい前頭部のフォルムもそれっぽく表現されています。

101205004b2.jpg

 また今回は屋根パーツが側面にゲートが設置されており、端面に切り口が出ないようになっています。これはGJ!です。まぁ、屋根側面が露出しない構造だから出来る芸当ですけど。

 -----

 さぁ、褒めるところは褒めたな。

 今回は文句が多いぞ。

 まず。

 塗装がヒドい。

 コレクショントイ系においては結構白基調の塗装というのは鬼門になっている傾向が強いです。
 ベースが白、二色の帯による塗りわけ、更に窓の縁は黒塗装と、問題になりそうなところが多数あり、案の定滅茶苦茶です。
 うちはまだマシかと思われますが、それでも2枚上の写真を見ていただければわかりますが、アイボリー部分の高さは間違っている上に車端部まで色が回っていません。
 細かいことを言い出したら白が粒状になっていたり、黒がはみ出したりしています。
 ついでに汚れがあちこちについていました。しかも拭いたら取れるレベルの汚れです。生産管理と検品が全然なっていません。

 ネット上での報告ではこんなのは可愛いというレベルのものまで混じっているようです。

 床板形状から推測するに、名鉄銀電を生産した工場のようですが、もうそこには銀電だけ作らせておけばいいと思います。

 次。

 前面パーツ廻りの設計が甘い。

 分割線が入ってしまうのはさすがに仕方ありません。

 だが、極力ぴったり合うようにすべきじゃないんですかね。

 まず最近の例に漏れずスカートが異常に固く、普通に奥まで差し込むのにものすごく苦労します。

 千枚通し状の工具で穴を拡張して、前面パーツにはめてから傷がいかないように恐る恐るマイナスドライバーで押し込むことになります。

 この時点で下手したら怪我するか、パーツを破壊することになります。

 更にN化しないとすると、台車パーツのカプラーポケット部分がスカートにあたります。
 ポケット下部の出っ張りがスカートに当たるというのは良くあるのですが、この車種の場合は全部が当たります。かなりざっくりと削らないといけません。

 試作時点でなんで気がつかないんだろう…。というかBトレに試作ってあるんだろうか…?なんかCADデータを作って、そのまま本金型作っているようなことありませんか…、もしかして。

 これでやっと下部がきちんとはいるようになるのですが、今度は上に隙間ができます。

 フロントガラス内にヘッドライトシールを張り付ける出っ張り部分があるのですが、これが前に出すぎている関係で上がぴったり合いません。
 まだやっていませんが、出っ張りを斬り落として奥ににつけなおさない限り、前面は浮きっぱなしです。

 この車両のキモともいえる前面がこれです。良い所も多いのですが、ここだけで評価はガタ落ちです。

 何というか、詰めが甘いです。

 -----

 ここからは文句ではなく、疑問、という話ですが。

101205005b2.jpg

 台車枠パーツですが、この車両の場合左用と右用が分かれています。
 こういう構成になっていること自体が珍しいですが…。

 6両全てが同じ台車パーツを使用しています。つまり、通常通り左2・右2というパーツ構成にしておけば金型は一つで済んだはずです。

 なのになぜわざわざ2つに分けたのでしょうか?

 考えられるとすれば、金型は一つで、このパーツはもともと2セットでで1つになっており、それを切り離して同梱している可能性でしょうか。そうならば2つを一度に作れるのでコスト削減にはなりますね。真ん中のランナーを切り離す手間はかかりますが。

 -----

 さぁ、そろそろ新AEを作らないといけないなぁ…。


 
 

 

プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。