Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかえり205系

 先般のダイヤ改正より、阪和線に行っていた205系0番代が東海道本線に帰ってきました。

 どういう運用で使われているのかさっぱりだったのですが、運用をまとめて載せているブログを見つけました。
 ほとんどが高槻~尼崎間の運用なのですが、どういうわけか1往復だけ京都まで顔を出すことを確認しました。

 ただし「平日朝限定」「京都駅着6時02分11分発」という何ともいえない微妙な時間帯です。
 しかし震災の影響で間引き運転をするという話も出てきた関係で、205系自体が運用から離れる可能性もあるかも…、ということで予定を前倒しして早朝に撮影に行ってきました。

 しかし到着する3番線に行ってみると、中線に留置の207系が…。
 編成の半分程度しか撮影できないというこれまたがっくりな状態でしたが、撮れる場所だけ撮ってきました。

110331001b2.jpg

 207・321系と同じですが、案外似合ってますね。
 もともとスカイブルーの帯が入っていた上部は帯が無くなりましたが、この部分だけ気合を入れて磨きでもしたのか妙に白いですね。

110331002b2.jpg
 ▲クハ205(拡大可)

110331003b2.jpg
 ▲モハ205(拡大可)

110331004b2.jpg
 ▲モハ204(拡大可)
 女性専用車ステッカーが目立つのですが、通風グリルを避けるために高さがガタガタになっています。

110331005b2.jpg
 ▲サハ205(拡大可)

 -----

 110331006b2.jpg

 通風グリル部分の処理はこんな風になっています。更に号車番号札差しの部分も紺色のステッカーは避けるように貼られています。細かいことを言い出すとBトレにするとこの辺はエラーになってしまうかもしれません。

 参考までに…
 ↑京都
 クハ205-35
 モハ205-103
 モハ204-103
 サハ205-69
 モハ205-104
 モハ204-104
 クハ204-35
 ↓尼崎
 でした。 



スポンサーサイト

残念ながら現在失業中ですが・・・

 購入するかどうか、ぎりぎりまで悩んだんですが、結局サンプル写真を見て、IYHしちゃいました…。

110329001b2.jpg



[Read More...]

Project 6300-1 6354F*6R「京とれいん」 #4

110328001b2.jpg

 心が折れる前にとりあえず何とかした。

 やっぱり一番大変だったのが3号車「葵」で、一番楽だったのが2号車「桜」でした。
 「葵」はいっさいパターン化が出来ないため、一つずつ元絵をトレースし続けました。
 逆に「桜」はとりあえず一つ花びらをペンツールで作って、後はひたすらコピーと形の調整をするだけでした(といってもそれを40回近く繰り返すわけですが)。

 側面に関してはあとはひたすら実車にあわせてパーツを配置すれば一応出来ることになりますが…。


名古屋市交通局 6050形

110326001b2.jpg

 なんかずいぶん久しぶりの事業者限定品だったような気がする、名古屋市交通局6050形です。
 桜通線の野並~徳重間の延伸用に増備された車両ですね。

 しかし延伸部は27日開業なのに、これだけは26日販売というスケジュールだったので、乗り鉄でもある私にとっては、これ買いに行って、なおかつまた改めて乗りに行かないといけないというのがちとつらいです…。



[Read More...]

Project 6300-1 6354F*6R「京とれいん」 #3

 6号車からスタートして、3号車にかかってますが…、


110325001b2.jpg

 折れるーッ!!ほんとに心が折れるーーーッ!!!!

 ここが踏ん張りどころ。多分ここが一番難しい。

Project 6300-1 6354F*6R「京とれいん」 #2

 心が折れる前にさっさと作業を進めましょう(苦笑)。また4ヶ月かかったとか言うのは勘弁です。

 撮ってきた写真を元に、スキャンしたBトレのパーツ上に必要なパターンを配置していくというのが主な作業になるのですが、今回は強力なアイテムを偶然ですが手に入れました。

[Read More...]

Project 6300-1 6354F*6R「京とれいん」 #1

110319001b2.jpg

 昨日3月19日、この期に及んでのまさかの阪急6300系の改造車、6354F×6R「京とれいん」がデビューしました。


[Read More...]

HERE COMES A NEW CHALLENGER!

 3月12日にまさしく「何事も無かったのかように」JR各社でダイヤ改正が行われました。

 近年に記憶に無いほどの車両の転配などを伴う改正で、追える範囲で追っかけてみました。

 身近なところで、運転系統の整理が行われた「ビッグXネットワーク」の特急達です。

110316001b2.jpg

 従来旧型車両の吹き溜まりだった北近畿系列の特急車両に導入された新鋭287系です。
 現状では車両数が所定数に足りておらず、実は京都発着の特急「はしだて」をメインに運行されています。

 で、所定数に足りない分、まさかのこんな車両がやってきました。

110316002b2.jpg

 はんわライナーなどに使用されていた日根野の未更新381系が6月までの期間限定で「こうのとり」として走ることになりました。
 山陰線電化が完成する際に、381系の導入が希望されたものの、当時の財政状態ではいかんとも出来ず485系がかき集められて導入されたという経緯があったので、20年余りの時を越えてそれが実現したということになりますが、ぶっちゃけ「はずれ」特急という状態です。

110316003b2.jpg

 そして485系は定期運用を失いましたが、183系800番代はまだまだこき使われます。
 あくまで予想ですが、2014年の北陸新幹線延伸に伴って発生する「はくたか」用の681系・683系の余剰車がこちらに回ってくるまでは、使われることになるのだろうと思っていますが・・・。

 あと写真は撮れていないのですが、新東海道緩行色(暫定で命名)の205系が運行を開始しています(207系・321系と同じ見た目です)。
 321系の大量導入で東海道緩行線から追い出され、阪和線に追いやられたのに結局225系5000番代に再度追い出され、おおさか東線直通快速が223系6000番台から207系に変更された穴埋めの為に、外装を変更されました。

 他にも地味にややこしい変更が行われています・・・。

 さて、場所は飛ぶのですが・・・。

 もうここまで来ると、どうツッコミを入れればよいのか良くわかりません。

 キハ47形8000・9000番台「指宿のたまて箱」号です。

 これは「あしゅら男爵」とでも名づけておくしかないのでしょうか・・・。

110316004b2.jpg

110316005b2.jpg

 ちなみに屋根のど真ん中で白と黒が綺麗に色分けされています。

 平日だったのにもかかわらず、乗客の入りは上々だったようです。
 そういやテレビの取材も来ていましたが、放送できたのかなぁ・・・。

 最後は・・・、
 九州新幹線「さくら」です。

110316006b2.jpg

 左:N700系8000番台(JR九州所属車)
 右:800系初期車(外装リニューアル車)

 写真で見るよりN700系7000・8000番台は水色が鮮やかで光沢感が強いです。
 意外にいい色だとは思いますが、これからの褪色が怖いですね。

 初めて鹿児島に向かった時は、京都から12時間あまりを費やした(「富士」「こだま」「つばめ」の乗り継ぎというヘンな事をやったからだけど)鹿児島が、たったの4時間強!で到着です。

 やれやれ、また国土が狭くなってしまいましたね。

 以上、ダイヤ改正のちょっとしたレポートでした。

うーん。

110307001b2.jpg

 どうしたもんですかねぇ・・・。

「少年期」の終わり ~さよなら485系~

 今週の11日でついに485系で運用されてきた「雷鳥」が引退します。

 京都に生まれ育った私にとって、在来線特急といわれれば真っ先に思い浮かぶのは「あさしお」でも「くろしお」でもなく「雷鳥」でした。

 いつの日にも京都駅の1番線(今では0番線ですが)には、北陸へ向かう乗客の列とともにアイボリーとエンジ色の車体の485系の姿がありました。
 憧れの特急列車ですが、子供の身ではそう簡単に乗ることはできず、親に頼み込んで乗せてもらったときはそれはそれは嬉しかったように覚えています。
 たまたま運転室へ通じる扉が開いており、下から見上げる私を車掌さんが中に招きいれてくださったことがありました。ボンネット車の運転台から流れていく景色は鮮明に覚えています。

※国鉄時代はそういうことに鷹揚だったのですよ・・・。

 月日は流れ、583系が入ったり、上沼垂所属の車両が入ったり、スーパー化されたり紆余曲折はありましたが、結局のところ、最後はオリジナルカラーである国鉄特急色に戻りました。
 でも「サンダーバード」が増える度に、「雷鳥」の本数は削減され、ついに最後の時を迎えました。

 最後に一目会いたくて、島本駅へ向かいました。

110306001b2.jpg
▲A03編成(なぜかタイフォンカバーが開きっ放し)

110306002b2.jpg
▲A06編成(京キトへ回送中のため逆編成)

 往年の12両編成・・・とまでは行きませんが、少なくとも去年春以前と同じ9両編成に戻っていました。
 そこには間違いなく最後の姿となるであろう、初期キノコ車の姿もありました。

 寒風吹きすさぶ島本駅のホーム端で待つこと3時間あまり、彼らはファインダー越しに最後の勇姿を見せて走り去っていきました。

 奇しくもJR九州に残る485系も同日に引退することになり、残るはJR東日本の所属車のみとなります。
 まさか東日本車が最後まで残ることになるとは意外でしたが・・・。
 また西日本では183系800番代が今しばらくは走り続けます。ただしこちらも風前の灯ですが。

 -----

 113系や0系といった、いつでも「いて当たり前だった」車両達が次々と姿を消しつつあります。

 老朽化が進み、効率も悪い旧型車が消えていくのは当たり前のことでしょう。

 ですが、やはり寂しいですね。

 -----

 個人的には今回の485系「雷鳥」引退で、一つの時代が終わるような気がします。

 なにやら、そんな気がしています。

駄文 '11/03/02

 皆さん、お久しぶりです。

 2月はこれまでに無いほど良く働きました(苦笑)。
 起きて仕事してモンハンして寝るという酷い生活でした(をい
 何と丸一日休んだのがたったの3日!!意外と人間頑丈に出来ていますね。

 ついでにBトレの方は、ほぼ開店休業状態でした。
 BR11は本当に一つも買わず、KIOSKは欲しい車種も無いのでスルーしました。
 小田急5200形は正直がっかりでした。屋根を塗り替える気力も起こりません。

 しばらくは再販モノが続きますので、115系の新新新潟色・瀬戸内更新色(白カフェオレ)が出るまでは、今のところ買うものもなさそうです(未定のものが気にはなりますが)。

 あ、そういや、これだけは買ってきました。

110302001b2.jpg

 え、いや、まさかの6354F復活&京都本線定期運行復帰記念に。
 今回は多分金銀だけだから簡単だYo!!ただしウェーブラインをどうデフォルメするかだよなぁ・・・。
 あとはドアが更新されるか否か、それが問題だ・・・。

 しかし6300系って結局・・・、
 6350F:6連・嵐山波動輸送用
 6351F:更新4連・嵐山線用
 6352F:更新4連・嵐山線用
 6353F:更新4連・嵐山線用
 6354F:6連・嵐山波動輸送&本線快速特急用(京とれいん)
 6355F:廃車
 6356F:廃車
 6357F:廃車
 6330F:廃車
 となるわけで、なんやかんやで72両のうち24両が生き残っているんですね(あとは中間T車4両も多分残存)。しかしどうして車齢の高いものが生き残っているんでしょうね。

 あー、まー、とりあえず3月19日に梅田駅辺りで京とれいんの側面ばっかり撮っている人間がいたら邪魔しないでください(苦笑)

 そんなこんなで、スローペースで再起動です。
 

プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。