Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れ120分を越すと、どうでもよくなるらしい。

 昨日新疋田駅へ日本海の撮影に行ってきました。

120130004b2.jpg

 大雪の影響で、遅れに遅れ、新疋田駅を通過したのは、なんと13時57分。
 定時通過なら8時30分頃なので、5時間20分遅れ。

 最終的に大阪に到着したのは16時08分とのこと。定時が10時27分だから、5時間41分遅れでの到着となったようです。

 撮影後、同行者とどうするかと話し合い、結果暖かいものが食べたいという理由で、明石焼きを食べに明石に向かいました。

#関西ワンデイパスを使っているから、これくらいしないと元をとれない。

 あーだこーだして、京都へ戻ってきたのは21時過ぎ。

 そこには・・・

120130006b2.jpg

 約9時間遅れで京都に到着したトワイライトエクスプレスの姿が。

#時計に注目。

 間違いなく途中からサンダーバードへの振り替え処理はされていたはずですが、結構な数の乗客がまだ乗っていたのには驚きました。

 いやはや、上には上がいました。

 しかし、電光表示で、遅れが120分を越すと、もう正確に表示することも出来なくなるんですね。
スポンサーサイト

多分鉄オタが一番乗りにくい列車です ~E26系カシオペア~

 えぇ、一度は乗ってみたいんですけどね。

 すいません、これに一人で乗る勇気はありませんwww

#以前は札幌発に限り安価で乗れる一人向け切符があったんですけどねぇ。

 -----

120120001b2.jpg

 ということで、18日出荷のE26系「カシオペア」です。

 客車本体は、おそろしく気持ちよく組み立てることが出来ます。

 両端の車両の車端部の質感の違いもきちんと表現されています(225系とほぼ同じ感じですね)。

120120002b2.jpg

 行先表示機の部分が透明ランナー側にあり、なおかつあらかじめ黒色で塗装されています。
 221系などではこちらで塗装する必要性がありましたが、この車両ではその作業は当然不要です。

 ただ、ステッカーに微妙なエラーがあります。

●2号車は喫煙車なので、禁煙車マークは不要です。

●扉横のシールですが、A寝台シールは常に扉寄りになります。なので、通路側に貼る時は、切り離して順番を入れ替えて貼り付ける必要があります。

 まぁ、面倒ですが、こちらで対応できる範囲ですね。
 詳しくは「かけやま写真館」様のサイドビュー画像を見ていただければわかるかと思います。

 あとこれは意図的なエラーだと思われますが、

120120003b2.jpg

 EF510-500の屋根が、0番代の仕様となっています。

120120004b2.jpg

 実車はこのようにおでこの直上にはアンテナが設置されており、ホイッスルは右側にオフセットして設置されています。

 まぁ、逆説的に言うと、いつでも0番代が出せるということですよね。

 EF510-0+コキ50000の4両セットとかお待ちしておりますwww
#なぜか私がEF510-0を見ると、いつもコキ50000系列を牽いていることが多いんですよね。

 -----

 さり気にフル編成で10000円してしまいますが、この出来なら仕方がないですね。

 細かいツッコミを入れるなら、色々ありますが、揚げ足取りレベルになるので、やめときますwww

建造は計画的に ~悲劇のコンフォート・サルーン~

120117001b2.jpg

 2008年の中之島線開業に合わせて導入された京阪(新)3000系のBトレが発売されました。

 京阪各駅での発売が1月14日なのに、なぜか12月30日に京急百貨店での先行発売が行われるという在阪ファンに対するあまりな仕打ちを乗り越え、買いに行ってきたわけですが。

 えー、冗談抜きで人が全然集まりませんでした。

 今まで何度か京阪の販売で並びましたが、これだけ人が来なかったのは初めてです。

 ま、おかげで、らくらく購入できたのですし、いいんですけれど。

 -----

 しかし、一応京阪の現状のフラグシップ・トレインなんですけどねぇ・・・。

 中之島線の営業的大失敗で、ほぼ同線の運用からは撤退。わずか3年で本来任務から解かれ、本線系の特急や急行などに充当されるようになって、なんともいえない持て余し感が出ているからですかね。

 京阪らしくないデザインといえばそうですが、結構好きなんですけれど。

 でも、特急を待っていて、この車両が来たらハズレだとは思っちゃうんですけれどね

 それではモデルの紹介を。


[Read More...]

馬子にも衣装と申しますが。

 7・8日に梅小路蒸気機関車館にてSLを機関庫から頭出し、ライトアップするというイベントが実施されていましたので、夕方から行ってきました。
 16:30より入場料が特別に200円になるということで、17時過ぎに到着、入場しました。

 そもそも夜間公開が想定されていないので、場内は真っ暗に近い状態。

 日が落ちきる前の薄暮の中、国旗を掲揚したSL達が迎えてくれました。

120109001b2.jpg
(拡大可)

 多数のファンのレンズの砲列の前に、彼らはいつもより少し誇らしげに見えました。

120109002b2.jpg
(拡大可)

 スワローエンゼルに国旗は似合っていると思うのですが、B20では、サイズの合わない七五三の衣裳を着せられている子供の様な印象を受けてちょっと微笑ましく見えてしまうのでした。

 -----

 この梅小路も開館から既に30年が過ぎ、動態保存を目的としていましたが、予算不足などの諸事情で動けるSLも徐々に減りつつあります。
 今後の行く末が心配ではありますが、隣接地に新たな展示施設を建設するという話もあったり(ずいぶん前の話ですが、進展はあったのでしょうか?)、いつまでも彼らの元気な姿を見れることを祈っています。


あけましておめでとうございます。

 旧年中はお世話になりました。
 今年もよろしくお願いいたします。

 -----

 トータル6日間も休みがあったのに、結局ほとんど模型に触ってないや(苦笑)。

 部屋の大掃除をしたり、実家に帰ってのんびりしたり、ぼんやりと読書したり、生活物資の買い物ついでにちょっと撮影に行ったり、3月の台湾・中国旅行の計画を立てたり、そんな冬休みでした。

 -----

 あ、カメラ買いました。

 ソニーのDSC-TX55です。

 台湾はいざ知らず、中国で一眼レフを肩からぶら下げて歩く勇気はありませんので、サブカメラとしての登用です。
 ようやくフルHDの動画が撮れるようになりました。

 しかし先代のサブカメラはDSC-T200というカメラなのですが、5年の差はあまりに大きくて、画素数は言うに及ばず、フォーカススピードや画像処理速度などの総合的な性能が上がりすぎていて驚かされます。
 というかメインのカメラであるα350よりも列車の後追い撮影をする時に限っては、フォーカスも早いので撮影しやすいような気すらします(もっとも本体の性能云々よりも装着しているタムロンのレンズに問題が無きにしもあらず、なんですが)。

 余談ですが、このTX55というカメラですが、世界再薄をウリにしていたり、かなりのハイスペック機ですが、小さすぎて安定して撮影するのが結構難儀です。「沈胴式レンズで無く、くポケットインできるカメラ」を前提条件にしていた私には最適なカメラなんですが、どうも万人向きとは言いかねるカメラのように思います。
 あとグリップに相当する部分が全く無いので、必ずハンドストラップに手を通さないと、落っことすかも。

 いずれにせよ、しばらくは色々撮影してみて、癖を掴まないといけませんね。
 まぁ、それがカメラを使いこなしていく上での楽しみ、みたいなものでもあるんですけれど。

 以上、模型とはほぼ関係ない話でございました。

プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。