Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超ひだまつり ~北アルプス・おぼえていますか~ その6・Flash Back 2001

 前回までは2013年現在のキハ85系を解説してきましたが、最終回となる今回はちょっと12年前の事をお話ししたいと思います。

 といっても、今回の主役は、キハ85系ではなく、キハ8500系なんですが。




[Read More...]
スポンサーサイト

超ひだまつり ~南紀もあるよ~ その5・編成資料編

130115001b2.jpg

 全てのデータを揃えて更新しました。(13/1/20)
 日車夢工房様のパーツリストを元に、各編成毎の必要個数を修正いたしました。(13/1/23)

 いよいよお待ちかねの実際の編成資料となります。

 ただ、ものすごく横に長い画像ですので、サムネールをクリックして拡大して確認してください。

 各画像の下に編成両数とBトレ的にA・Bの両セットをいくつ購入したら組成できるかを表示しますが、
 「キハ85-0はキハ85-100車体+キロ85-0前頭部で作成する
 「キハ85-200はキハ85-100車体+キロ85-0屋根パーツで作成する
 「キハ84-200はキハ84-200車体+キハ84-0の妻面パーツで作成する
 「キハ84-300はキハ84-0車体+キハ84-200屋根パーツで代替する
 という日車夢工房様公開のデータに準拠した数字となります。

 ※チェックは十分にしましたが、間違いが含まれる可能性があります。当方は責を負いかねますので、ご覧になられる皆様の自己責任にてご参照ください。

 ※「推定」の文字が入った編成は、実際には確認していませんが、前後の運用からこのようになっていたはず、という編成です。

[Read More...]

超ひだまつり ~南紀もあるよ~ その4・運用・基本編成編

130110001b2.jpg

 さて、ようやく本来の目的である編成情報編に入っていきますが、まずは基本的な運用および組成に関する情報を学習しましょう。

 「編成がカオス」「フリーダムすぎてわけわからん」と思われている「ひだ」「南紀」号ですが、当たり前ですが運用は決まってますし、編成に関してもちゃんとルールがあります。

 ただ何かのショックで時々おかしなことになるのと、多客期の増結が無茶苦茶なだけです。



[Read More...]

皆様に朗報です。 ~追い打ち~

130114001b2.jpg

 さて、京阪旧3000系Bトレですが、皆様無事に手に入れられましたでしょうか。

 まぁ、聞いた限りでは最低5限、駅によっては無制限だったとかいう話ですから、楽勝だったと思います。

 -----

 で、前回お見せした屋根上写真ですが、どうせですから全車行きましょう。

 ただまぁ、走行中の車両の屋根上を撮影するというのは結構難しく、画質はあまり思わしくございませんがそのあたりはご了承くださいませ。


[Read More...]

皆様に朗報です。

 キハ85系の資料は参考になりますでしょうか。

 書きながらいらないことに気がついて、また調べなおす羽目になるとか、なにこの拷問。

 さて、今日は一休みさせていただきまして、いよいよ本販売が明日に迫りました「京阪旧3000系」Bトレに関して、皆様に朗報がございます。


[Read More...]

超ひだまつり ~南紀もあるよ~ その3・キハ84形編

130109001b2.jpg

 形式解説編最終回は、ないと話にならない…事もないような何とも微妙な立場の普通中間車、キハ84形についてです。


[Read More...]

超ひだまつり ~南紀もあるよ~ その2・キロ85形・キロハ84形編

130108001b2.jpg

 さて、形式解説編その2、今回はキロ85形とキロハ84形です。

 キハ84形はどうしてかって?説明することが多すぎて一つにまとめるのは無理でございます。


 
[Read More...]

超ひだまつり ~南紀もあるよ~ その1・キハ85形編

 うん、宮子ちゃんはかわいいよね!

 げほごほっ!!!

 -----

 年始よりわかりづらいネタに走ったことを深くお詫び申し上げます。

 -----

 日車夢工房よりキハ85系のBトレの販売予告がされております。

 JR東海の車両ではありますが、京都にも毎日2回顔を出すキハ85系でございますので、こちらはもちろん喜んで買うところではありますが、よくよく考えてみますと、この車両の事をあまり知らないわけで。
 だいたいディーゼルカーですので1両単位での増結が可能なため、その編成はカオスな事でも有名ですが、何とか法則性のようなものを見出せないか、2回にわたって、岐阜・名古屋駅に立てこもり、ひたすら実車の調査をしてまいりました。

 その研究成果を、こちらで発表しようかと思います。

1301017001b2.jpg

[Read More...]

Farewell "Nihonkai"!

130106001b2.jpg
▲ 2013/1/6 臨時寝台特急「日本海」 上り大阪行 京都駅にて

 昨年3月のダイヤ改正で、定期運用を終え、季節臨時列車として運用されてきた寝台特急「日本海」・寝台急行「きたぐに」ですが、今回の年末年始運用をもって設定が終了となるようです。

 地本情報紙(ジェイアール労働組合新潟地方本部で発行した情報紙です)
 こちらに掲載されている、2012/12/26分のpdfファイルに『「きたぐに」及び「日本海」の予定臨廃止』と書かれています。提案段階とはいえ、事実上決定、なのでしょう。

#要するに利用実績がどうのこうのではなく、別の要素で日本海・きたぐに共に廃止になる、ということですよね。これって。

 だとすれば、1月6日大阪発の列車(きたぐには7日)をもって、今度こそお別れ、ということになります。

 臨時化されてより、まだ撮影に行ってもいなかったのですが、あわてて追いかけてみました。

 あわせて、編成の記録をしてきたので、ご参考までに。

#日付は発駅出発日基準です。左側が大阪寄、右側が青森寄となります。
#確認場所はいずれも京都駅です。上り列車青森~敦賀間の機関車は異なります。
#「推定」は青森発が翌日青森行となって戻って行くパターンだったので、多分合っているはずです。

[Read More...]

富山地鉄10030形に関する考察

 皆様、あけましておめでとうございます。
 今年もぼちぼちとやっていきますので、よろしくお願いいたします。

 -----

 さて、今年の年末はどこかに行こうかと思いつつも、いまいち決め手になるものがなく、どうしようかと思っていたのですが、思いつきでJRサイバーステーションを叩いてみると、29日発のきたぐにのB寝台が「△」になっているじゃありませんか。
 その足で出勤前に最寄り駅に立ち寄り、お願いしてみると「最後の一席で上段だけどどうする?」とのお答え。
 一瞬だけ躊躇するものの、まぁいいかと急行・寝台券だけ確保。

 さぁこれで「北の方へ行かないといけない」状況に。
 出発日前日の朝まで悩んでいたのですが、結局「ほくほく線美佐島駅に行ってみよう」「富山地鉄の京阪色10030形の写真を撮ってこよう」ということに決定。細部の詰めも何もないまま、gdgd状態で京都を経ったわけで。

 -----

13010301b2.jpg
▲10033F 12/12/30 寺田~越中泉間

 今更ですが、一応解説を。
 富山地鉄10030形は、京阪(旧)3000系が廃車後に富山地鉄に譲渡・使用されている車両で、現在8編成16両が使用されています。
 なお、車両番号は京阪時代とは関係なく付与されており、また京阪時代は原則的に同一番号同士のペアで使用されていましたが、その関係が崩れているペアもあります。

 10031F 10031(3001)+10032(3501)
 10033F 10033(3018)+10034(3518)
 10035F 10035(3003)+10036(3503)
 10037F 10037(3004)+10038(3510)
 10039F 10039(3014)+10040(3513)
 10041F 10041(3017)+10042(3517)
 10043F 10043(3016)+10044(3515)
 10045F 10045(3010)+10046(3509)

 カッコ内が京阪時代の車番です。

 余談ですが、結局のところ、全く譲渡もされず、使用もされなかったのは3011Fと3012Fのペアだったわけですが、一体なんだったんでしょうね。

 まぁ、それはさておき、富山地鉄に譲渡されてからしばらくはこの京阪特急色で使用されていわけですが、1999年に富山地鉄カラー(イエローオレンジにターコイズグリーン)に塗り替えられ、オリジナルカラーが消滅していたのですが、昨年より10033Fに京阪特急色をリバイバルさせて走らせています。(さすがに特急の文字は入らないにせよ)ハトマークを装備し、後付けでデジタルテレビを装備(厳密に言うと「復活」ですけれど)して「テレビカー」の文字を入れてしまうという気合の入りようだったりします。

 -----

 さて、この10033Fを追っかけないといけないわけですが、富山地鉄の路線網は何気に広く、しかも車両は鉄道線内においては共通運用で、あてずっぽうで待っていては撮影をすることはできません。
 考えた末に、富山地鉄の運輸部にお電話したところ、「前日の18時以降なら翌日の運用を教えられますよ」とのお返事。
 前日に富山入りし、「これで運用がなかったら、いいオチがつくよな」とか思いつつ電話をしたところ、幸いにして運用はあり、ほぼ一日中走り回っていることが判明。お礼を言って電話を切ってからホテルにチェックイン、計画を立てて当日に挑みました。

 -----

 と、長い前フリでしたが、いよいよ本題は「つづき」にて。
 あと今回の写真はいずれも拡大可能です、というより拡大しないとよくわからない解説をしている部分もありますのでご注意を。



[Read More...]

プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。