Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駄文 13/6/28

 お久しぶりです。えっと…、一か月ぶり、ですね。

 ぶっちゃけ、やる気ゼロ行進状態です。

 なぜか今更Nに若干回帰してまして、こちらでそんな話を書いても誰も喜ばんだろうし…。

 -----

 とりあえずBトレの話といっても、現状では年末の近鉄30000系までは特筆すべき車両もない状態で…(東武9000/10000系列もほしいといえばほしいのですが、あまりにコストがかさみそうなので躊躇してます)。
 ようやく出る北斗星は謎のおまけパーツが付くのに、通常のフル編成にできないという何とも言えない状態ですし。

 -----

 あとBトレといえば(Bトレに限った話ではないのですが)、ついに値段が恐ろしいことになってきました。
 2両セットで定価1400~1500円(税別)が普通になりつつあります。

 中国は現在全世界の鉄道模型工場としての役割を果たしていますが、いかんせん毎年生産コストが上昇しているうえに、対日本では昨今の円安傾向で追い打ちをかけられており、ここにきてついに堰を切ったのかのように各メーカーが価格を高く設定せざるを得ない状態になってきています。

 これだけだとイメージしづらいでしょうから例を挙げて説明しますと…。
 だいたい中国では年1割ほど生産コストが上昇しているとします。レートとしては昨年秋は大体13.5円/元だったのが、現在では17円/元前後になっています。

 つまり仮に昨年春に一つ100元で製造、日本に1350円で仕入れられたものが、現在では110元で製造、
1870円で仕入れることになります。ざっくりと40%近く原価があがっていることになります。

#輸送コストとかそういうことは考慮してません、もちろん。あと、これだけ極端じゃないと思うんですが。

 そりゃこれだけコストが上がるなら、いらないパーツ削ってできるだけコストダウンしたところで、値段を上げないとやってられませんよね。

 じゃ、他の国でつくりゃいいじゃんという話ももちろんあります。
 まぁ、できなくはないでしょうけど、さしあたっての候補になるのは東南アジア諸国になるでしょうか。
 だとすれば、もちろん中国より遠いので輸送コストの上昇や、なんといっても一から工員を育て直しになるので、数年間は初期投資がかさむために製品価格があまり変わらない上に、製品のレベルが低くなるという非常にアレな状態になると思われます。超長期的には必要かもしれませんが、短期的に考えるとなかなか踏み切れるメーカーは少ないだろうなぁ、と思います。

#一番手っ取り早いのはどこかのメーカーが育てた工場を乗っ取ることですね(をい

 まさしく駄文な内容ですが、まぁ、さしあたって鉄道模型が高額になったところで困る人はほんの一握りですからねぇ(笑)。それより食料品価格や原油価格が高くなる方がよっぽど困るわけでございまして。

 そんなところで今日は終幕です。

スポンサーサイト

プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。