Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北模型店事情 ~東方模型専売店編~

#2009年11月に再訪した後に記事をアップデートしています。
 こちらからご覧ください。


#この記事は台湾型Nゲージを買いに行きたい人の情報源となるように書いています。
 色々探したけど、案外はっきりした情報がないし・・・・。

081201007b2.jpg

・東方模型専売店

 場所は台鉄松山駅からタクシーで10分強の場所。

#歩いて行こうなんて考えないことをオススメします。タクシー捕まえてぐぐるさんマップを印刷したのを見せれば近くまでは連れて行ってくれますので。

 観光客の訪れるようなエリアでは全くなく、どちらかといえば住宅地エリアに属する場所にあります。
 ぐぐるさんマップにお伺いを立てると、建物のど真ん中を指す…んですが、ある意味間違っているようで実は間違っていないんです。

 その建物全部が模型店…なわけはなく、雑居ビル群のひっじょうにわかりにくい場所に隠れるように存在しているわけで・・・。

 民生東路と三民路の交差するロータリーの南東側から東側へ100mほどで「21世紀不動産(日本のセンチュリー21そのもの、看板も同じ)」があるのでそこを右に入り、20mほど行くと右側に入る通路があり、そこを入ったところすぐにあります。

 周りに営業している店がないせいか、店の前の通路におそらくは商品の入った段ボールが山積みにされているのはご愛敬(笑)。私が行った時には子供が走り回り、2~3人のお客さんがいました。

 店内には日本型・海外型NゲージやHOやらプラモデルやらがまさしく山積み。
 日本では少なくなりつつある「模型店」そのものです。

 老板(店主)は陽気かつ商売熱心なおっちゃん。
 日本語は微妙にわかっているようですが、商談までするのはちょっときつそう。
 私は英語と中国語と筆談と手振り身振りのミックスで商談しました。

 台湾型のNゲージは在来線形のモデルの多くが"Touch Rail(鉄支路模型有限公司)"からリリースされています。
 口頭で説明するのは困難を極めますので、欲しいものがはっきりしているならこちらのページを印刷して行って見せた方が早いです。
 見せてみて「有嗎?(ヨウマ)」と聞いてみて、「有(ヨウ)」と言われたら有ります。店内にも山積みの段ボールの山の中からおっちゃんが巧みに探してきます(笑)。
 値段に関しては、値段確認は「多少銭?(トゥオシャオチエン)」で紙に書いて教えてくれます。別に「How much?」でもOKです。私の時は、何を言わなくても、だいたい定価の1割引にはしてくれました。ただそれ以上値切るのは無理でした(笑)。

 あと、「これいる?」って感じで色々勧められますので、いらなければ「不要(プーヤオ)」と言って断りましょう。別にそれで気を悪くされることはありません(笑)。

#むしろ勧められるままに買っていたら10万円位絶対吹っ飛びます(笑)。

 クレジットカードは使える、そうです。私はオール現金払いしましたんで不明ですが。

 タクシー代が上述の松山駅からだいたい片道100元くらい(現在約300円)くらいなので、交通費の事を考えると、単品車両くらいなら台北駅の「台鉄本舗」で購入した方がトクですが、セット物(7000元~)となると、わざわざここまで来ても軽くモトは取れます。

 あと、動力車・ライト付車両はちゃんとテストしてから渡してくれます。
 もっとも006P電池を車輪に接触させてチェックという大胆かつ豪快な方法でですが(笑)。
 ということで安心して購入してください。

 場所:台北市民生東路5段200号7
 電話:2763-3295
 営業時間:毎日13:00~22:00(正確にその時間に開いているなんて思う方が間違っている)

 訪問日時:2008年11月29日(星期六:土曜日)午後6時頃
 

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。