Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根登山鉄道 1000形・2000系

 3日間の東京出張より帰ってきました。

 で。

090211001b2.jpg

 いつ無くなるか分からないからとりあえずいっぱい買ってきた(笑)。この間地元で買おうと思ったら案外無かったので。

 これで阪急・京阪は安心。

 -----

 そして、お仲間にお願いしていた物を引き取ってきました。

090211002b2.jpg

 先日の横浜祭で先行販売された「箱根登山1000形復活旧塗装・レーティッシュ塗装」です。

 期待に違わぬ良製品でした。

 写真が多いので「つづき」へ。

 セット内容は復活旧塗装は1000形の前面のみ。レーティッシュ塗装は1000形と2000系の両方の前面が付属しており、作り分けることができます。

 先頭車・中間車を問わず装備されているスカートや、複雑な形状の屋根上など、ディテールは実車の雰囲気を良くとらえていると思います。
 屋根上の機器は塗り分けが必要だと思いますが、そういうのはターマックさんにお任せ(笑)しましょう。

 ただし、車番・ステッカーの貼り付け位置の指示に間違いがあります。説明書通り貼るとおかしなことになります。

 各車の写真を貼るので参考にしてください。反対側は全て線対称の位置でOKです。

 1003F1003号
090211003b2.jpg
 これはマニュアル通りでOK。

 1003F2202号
090211004b2.jpg
 まず貼り付け位置の指示のない中間車用行先表示機のステッカーを写真の位置に。車番の位置も真ん中ではありません。

 1003F1004号
090211005b2.jpg
 これもマニュアル通りでOK。

 2005F2005号
090211006b2.jpg
 車番の位置が運転席寄りになります。

 2005F2203号
090211007b2.jpg
 復活旧塗装と同じ位置になりますが、高さが下部の銀ラインの直上になります。
 行先表示機の位置も写真の通りです。

 2005F2006号
090211008b2.jpg
 2005号と同じく、車番の位置が運転台寄りになります。

 より詳しくはターマックさんのブログの記事を参照してください。
 復活旧塗装車の車番の上下位置に関しては特に詳しく解説されています。

 -----

 パンタはPT4806BMがぴったり合います(要穴の拡張)。

090211010b2.jpg

 あと、ちょっとだけドレスアップ。

090211009b2.jpg

 スカートの下端部にオレンジラインが入っていないのが気になったので、色を差しておきました。

 2000系2005Fの方にも赤ラインが入っているのですが、適当な色が手持ちにないので保留。
 ただし2001F・2003Fには赤ラインが入っていない?ようです。

 -----

090211011b2.jpg

 さぁ、次はこのあたり、どうでしょう?

 (3)1000形(二代目塗装)・2000系(登場時塗装)先頭+中間セット
 (4)1000形(登場時塗装)先頭+先頭セット

 (3)はカラバリ展開で。あ、2000系登場時のスカートもお忘れなく(写真のスカート)。
 (4)は今回説明書に記載されたけれど、入っていなかった初期妻面を含む2両セットで…。

この記事に対するコメント

おぉっ!
こんにちは。
なかなかの出来のようですね。

先行購入はうらやましい!
私は通販で頼みましたが、届くのが楽しみです。

届いたら、こちらの記事を参考に組み立てたいと思います!
【2009/02/12 14:01】 URL | トトロ #- [ 編集]


>> トトロさん
> 先行購入はうらやましい!
 ヨコハマに行った友人にお願いできたのと、ちょうど東京出張のタイミングが重なったのでスグに受け取れたというわけです。普段は下手したら数カ月後になります(笑)。
【2009/02/12 22:32】 URL | icw149 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。