Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

683系4000番代調査してきた 統合版

#両サイドの写真をこの記事で統合して紹介するように変更しました。あわせて気がついた部分の記述を若干修正。(09/6/7)

 6月1日から運行を開始した、683系4000番代を調査してきました。

 大阪方(1号車)から富山方(9号車)へ向かって撮影しています。
 最初の写真が京都基準北側、次の写真が京都基準南側です。

Ts683-4500-1s.jpg

1-Ts683-4500Ss.jpg

▲ 1号車:クロ683-4500

T682-4300-2s.jpg

2-Tp682-4300Ss.jpg

▲ 2号車:サハ682-4300

M683-5400-3s.jpg

3-M683-5400Ss.jpg

▲ 3号車:モハ683-5400

T682-4400-4s.jpg

4-Tp682-4400Ss.jpg

▲ 4号車:サハ682-4400

M683-5000-5s.jpg

5-M683-5000Ss.jpg

▲ 5号車:モハ683-5000

T683-4700-6s.jpg

6-T683-4700Ss.jpg

▲ 6号車:サハ683-4700

T683-4800-7s.jpg

7-T683-4800Ss.jpg

▲ 7号車:サハ683-4800

T682-4300-8s.jpg

8-Tp682-4300Ss.jpg

▲ 8号車:サハ682-4300

Mc683-5500-9s.jpg

9-Mc683-5500Ss.jpg

▲ 9号車:クモハ683-5500

 はい、どう見ても0番代と別物です、ありがとうございま(ry

 それでもあえてやるならば…ですが。

 1号車:
 クハ683-700(Aセット)をベースに、窓とドアを入れ換え。多分ニコイチにしないと苦しいかと。
 2号車(パンタ車):
 屋根はサハ682-0(Aセット)。側面が問題で、喫煙室(多分)を再現するにはサハ682-0の側板では厳しい。大改造覚悟ならサハ683-300の方がマシかも(業務用室扉を完璧に埋めるしかない)。
 3号車:
 これはモハ683-1000(Aセット)かモハ683-1300(Bセット)そのままでOKかと。
 4号車(パンタ車):
 一番原型をとどめていない車両。
 大阪方が車掌室でドア・客室・ドアでロゴで喫煙室(多分)の順に並んでいる模様。
 サハ683-300をベースにすればいいものの、ドアをとったらロゴが無くなるし、喫煙室も再現できなくなりそうで、取捨選択が難しいか?
 5号車:
 これまたモハ683-1000(Aセット)かモハ683-1300(Bセット)そのままでOK…と見せかけて、実際には富山方の扉は業務用室扉になっていますので、窓をグレー処理してやる必要性が。
 6号車:
 側面は2号車と共通で、屋根はパンタ無。
 7号車:
 6号車と同じく側面は2号車と共通。ただし6号車と異なり、喫煙室スペースに当たる部分の窓の大きさが天地方向にやや小さい。
 8号車(パンタ車):
 2号車と共通。
 9号車:
 クモハ683-1500(Bセット)をそのまま転用でOKっぽいですね。

 えー、結局何セットいるのかな?
 ・・・、
 ・・・、
 12両編成を組んだ余りを流用するとして、2・4・6・7・8号車の側面をサハ683-300を使用するなら、Aセット×3・Bセット×4。
 ただBセットはサハ683-300だけの為に買うはめになるので、どうも非効率ですね。
 12両編成を組んだ人なら必ず余る車両なので、どうにか安価で売ってもらえないものかなぁ…。

 どっちにせよ、かなりの大改造を強いられる上にコスト面でも非効率なネタになりそうです。

この記事に対するコメント

とゆーか
683-2000の段階ですでに別物ですよね。
【2009/06/07 00:04】 URL | 名無しさんだよもん #xtc7akX2 [ 編集]


>> 名無しさんだよもんさん
> 683-2000の段階ですでに別物ですよね。
 それを言っちゃぁおしめえよ、ですよ(笑)
 従来型車に多少は擦りよるかと思いきや、思い切った配置変更で結構びっくりでした。
【2009/06/07 23:50】 URL | icw149 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。