Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

683系 N化に関する注意。

 4000番代の方は、側面・前面パーツをプールへ送り込みました。
 あまりにパーツが多すぎて、水面からパーツが顔を出しそうです(苦笑)。

 さて、表題の件ですが。

 #1:パンタグラフ

 実車はWPS27Cというタイプのパンタグラフを搭載しています。

 確かこの型番だったら223系と同じ型番じゃなかったかと搭載してみたのですが・・・、

090722002b2.jpg

 パンタ台に開けられた穴が丸見えになってしまいます(サハ682の場合)。

 結局、

090722003b2.jpg

 汎用品のPS22に合わせてあったようです。

 追記:(09/7/22)
 KATOのASSYパーツのサハ680用の物なら、無加工で四つ穴に入るそうです(当方では未確認ですが)。

 #2:貫通型先頭車のスカートが…

090722001b2.jpg

 丸印で囲んだ部分で、スカートの内部と、台車の台枠部分が接触してしまいます。

 ウチで試してみたところ、R243までであれば、若干車体が持ち上がることがあっても脱線するようなことはなく走行できますが、R140以下となると何らかの対策が必要になると思います。

 ・台車を逆向けに装着する(カプラーはボディマウント仕様にする)
 ・スカート内部を削る

 あたりが解決策のようですが…。ウチはR216未満を走行する必要がないのでこのままにしておきますが・・・。

 これから組み立てる人はこのあたりを意識しておくといいかもしれません。

この記事に対するコメント


パンタグラフですが、どうもKATOの4267F、サハ680用パンタに穴をあわせてあったのではないかと。
実際、何の加工もなしにそのまま入りましたから・・・
【2009/07/22 10:03】 URL | なわなさ #LZUhE/Ak [ 編集]


>> なわなささん
 はじめまして!
> サハ680用パンタに穴をあわせてあったのではないかと
 なるほど、純正パーツとは盲点でしたね。
 とはいえ手に入らなさそうですが(苦笑)。

 本文の方も修正させていただきます。
【2009/07/22 22:47】 URL | icw149 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。