Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道コレクション TLR0600形

090829001b2.jpg

 よりによって発売直前でのKATOからの競合発表で、gdgd感がありまくりの鉄道コレクションの富山ライトレール・TLR0600形です(笑)。

 湯葉さんの所では、第1編成の赤編成で紹介されていたので、ウチでは第4編成を紹介。
 私が乗りに行った時にやってきた編成、という理由でお気に入りでもあります。

090829002b2.jpg

 複雑な造形の前頭部もきっちり再現できていますね。

 そしてパンタグラフはプラスチック製なれど、かっちりした可動が気持ち良いです。

 さて、動力ユニットですが、換装してすると、車内が完全に埋まってしまいます。
 かなりややこしい構造で、全軸集電、全軸可動を実現していますが・・・。

 えっと、どこにデコーダーをぶち込めばいいんだろう、これ。
 パッと見たところ、モーター直前しか配線をどうこうする所は無さそうだけど…。
 DZ125の被覆を剥いて、運転室部分に放り込むとか・・・。なんとかEM13で済ませたい所ですが・・・。幅からしてちときつそう・・・。

 -----

 余談:
 JAMでKATOブースに行くと、KATO版TLR0600形が展示されていました。
 ご存知かと思いますが、KATO版は室内シースルーの動力ユニットを搭載、ライト・室内灯が標準装備というある意味無茶な「フル装備」版です。
 大阪ホビセンでお馴染みの方からお話を聞いていると、「ちゃんとDCC化できるようにしてありますから!!」って眩しい笑顔でこちらを見られるわけで…。

 う、残り4色もトミテク版を予約しちゃっているんですが・・・。

 い、一色くらいは義理でも買わないといけないんでしょうか(苦笑)。

 また別の中の人と話をすると、「DCC化は具体的にはこれから考える」とのお話。
 実際極小のデコーダー基盤を開発しないといけないように思いますので、かなり無茶があるように思いますが・・・、さてどうなることやら。

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/08/31 21:42】 | # [ 編集]


デコーダは運転台に組み込むのが一番楽でしょうね。
でも、前面ガラスからデコーダが丸見えなのが気になりますな(黒で塗っても。まあ、動力が目一杯つまってるから気にならないって話も・・・)。
mixiに作例がでましたね。

DZ125なら屋根上機器の空きスペースに入りそうかなぁ、と思うんだが・・・。
【2009/09/01 14:50】 URL | KEISOU #LjveDjGg [ 編集]


>> ○○○さん
 はじめまして、えー、返答を必要とするような質問を秘匿扱いで書かれると困っちゃいます(苦笑)。
 とりあえず、ごめんなさい、記憶にございません。

>> KEISOUさん
> mixiに作例がでましたね。
 あー、見ました。やっぱりあの方法しかなさそうですね。しかしDZ125ではコストパフォーマンスが悪すぎますよね。

> DZ125なら屋根上機器の空きスペースに入りそうかなぁ、と思うんだが・・・。
 手元にDZ125がないので何とも言えないですが、入りそうな気もするんですが、厚さで引っ掛かりそうですね。
【2009/09/01 22:18】 URL | icw149 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。