Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLASS170 "Turbostar"サウンドデコーダー搭載

 津でサウンドデコーダーを搭載したDD51をついに受け取ってきたのですが、以前より課題になっていた「たぼすた」のサウンド化のためのサウンドデコーダーも受け取ってきました。

 フタをあけて、謎の基盤があったのですが、コンデンサやらコイルやらをまとめて切除、そこにサウンドデコーダーを接続しました。

 えー、詳しい人が見たら間違いなくぶん殴られるレベルの処理なので、車内の写真は公開しないでおきます。

#とりあえず仮だから(笑)。

 本来は床下にスピーカーを埋め込むべきであることは重々承知ですが、正直、無理ですので車内にマスキングテープで(笑)スピーカーを仮に固定してみました。

 で、とりあえず車体をかぶせて、動かしてみました。
[広告] VPS

 …、素で十分やかましかったですね。

 …んー、結構いい感じではないですか。

 いやはや、さすがにこのサイズのボディだと、中がスカスカで搭載は楽でいいですね。
 屋根がドーム状になっているのでそこの中にデコーダーを貼り付けてあります。

 -----

 余談:
 実車は全ての車両にエンジンが搭載されています。
 という話を某DCCトレインの人にすると…。

 「あ、じゃあ全車にサウンドデコーダーをいれんとあかんね」

 車両が18000円で、デコーダーが42000円って、何のギャグですか、それ。

 いや、ネタとしては最高においしいですけどね。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。