Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり白鳥の方が似合うと思うんですよ

 かつてKIOSKSP3で発売され、ボンネット車が存在した関係で今回BR7で復刻された485系上沼垂車。

 一時期は「雷鳥」「白鳥」として関西圏にも顔を出していた関係で、結構馴染みのある車両です。その割には全然写真を撮っていないのですが・・・。まぁ一時期鉄から足を洗っていた時期なので仕方がないのですが。

080301001b2.jpg

 ヘッドマークは「雷鳥」か「白鳥」かで悩みましたが、「白鳥」にしました。色の関係でこちらの方が似合っているような気がします。

 いやぁ・・・いいですねぇ。塗装の問題もなく、よくできてるなぁと思います。
080301002b2.jpg

 我が家には改造用種車と思って買い込んでいた先頭車やらグリーン車やらいろいろずいぶん溜まってます。
 後は中間車さえ何とかすればやりたい放題です(笑)。

 余談ですが、97年当時の編成表を見ると、両端がボンネットという編成は存在していません。

 Tc481-M485-M484-M485-M484-Ts481-M485-M484-Tc481 が基本形で、先頭車の組み合わせは、
 T1編成 342-260
 T2編成 23-1503
 T3編成 102-258
 T4編成 30-1502
 T5編成 753-1507
 T6編成 1505-1504
 200番代車の絡むT1とT3はまずアウト。
 
よく見ればタイフォンが胴体部設置なのでT2とT4もアウト。
 23はスリットタイフォンなので改造が必要(パーツ自体は銀河モデルから出てます。ぴったり合うかどうかはおいといて)。
 30は本体側にタイフォンが移設されているのでセーフ。

 ということでボンネット車を含む編成はさしあたってT4編成しか組みようがなさそう。

 (ちなみにT5とT6も何とかセーフ)

 両端ボンネットという編成は、車両付属のステッカーにはTc481-29&111、102&23という組み合わせがありますが・・・。

この記事に対するコメント


鉄道フ○ン97年2月号によると…
Tc30(T6)とTc102(T4)がBR7の仕様と同じみたいです。
因みにT4はこの当時Tc102-Tc261だったみたいです。
他の23,27,29はスリット型タイフォンなのでアウトです。
【2008/03/02 03:06】 URL | ちこらみ #qM/mFAds [ 編集]


>> ちこらみさん
 ご指摘ありがとうございます。
 初期型ボンネット=スカートタイフォンという思い込みで間違ってしまいました(汗)。
 本文も修正しときます。
【2008/03/03 20:59】 URL | icw149 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。