Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Back to the 20th century #4

 さて、しばらくやっていなかったこのシリーズですが・・・。

 前回の「おっさんホイホイ」ネタを補完する必要がありますので第4弾をお届けいたします。

 -----

 中国の上海で万博が開催されており、開催前後の騒動が報道されたのはまだ記憶に新しいと思いますが、かつて日本でも時々万博が開催されていました。

 一番古くは1970年の大阪万博で、一番最近は2005年の愛・地球博になるかと思います。

 その中でも個人的に一番印象に残っているのは1985年に筑波の地で開催された「科学万博」(正式名称:国際科学技術博覧会)なのです。

 このイベントをアピールするために竜華区所属の12系客車7両が「サイエンストレイン エキスポ号」として土崎工場に送られ車内設備をほぼ全て取り外され、パネルや展示物などを取り付けられるなどの改造を施されました。
 そして1984年9月から1985年3月にかけて、全国を行脚しながら各地の駅で展示されていったのです。

 さりげなーく書いてますが、そもそも大阪南部にあった竜華客貨車区の車両が、秋田にある土崎工場で改造され、北海道と四国を除く53駅にも運行されたわけです。

 当時はまだJRが存在せず、国鉄の時代。それゆえに実現した、もはや現代では起こりえない奇跡の様な列車であったといえるでしょう・・・。


 
 さて、当時の私は京都駅で展示された時に行って、ちゃんと撮影していました。

12st3.jpg

 左に留置されているのがその「サイエンストレイン」です。

 真ん中に4線見えていますが、現在この部分には奈良線ホームである8・9番線が設置されており、全く当時の姿をとどめていません。

 そして右側に見えているのは1984年から奈良線などで運行を開始した105系の姿も見えます。
 現在では103系と221系に置き換えられていますが、当時の奈良線は現在の様な通勤路線とは言えず、昼間の運行は2両程度で十分な「ローカル線」だったんですね。
 西スペ3で入った105系は厳密に言うとこの当時の姿となります。スカートもなければ冷房化されてもいませんので・・・。

 さて、脱線しましたが・・・。

12st1.jpg

 前面はこんな感じです。ヘッドマークがなければ12系1000番代そのものの姿ですね。

12st2.jpg

 多分公開時間前に行ってしまったのでしょう。まだ準備中のようです。

 12st7.jpg

 そのヘッドマークです。真ん中にデザインされているのがイメージキャラクターである「コスモ星丸」ですね。ネーミングセンスが昭和チックですが致し方ありません(苦笑)。

 全体の姿ですが・・・。

12st4.jpg

 架線柱めっちゃ邪魔ー!!

 とりあえずこのように側面の窓は全て塞がれていました。

 1・4・7号車にのみラインが引かれていました。2枚前の写真を見てもらえば少し写っていますが、お客さんから直接見える面はそのライン部分にロゴなどが貼られていました。
 移動時などは外されていたということなので、磁石などでくっつくタイプだったのかもしれません。

 多少アングルを変えて・・・。

12st6.jpg

 スハフ12 6単体で。

12st5.jpg

 105系と共に・・・。

 ちなみにweb用に圧縮しましたが、元写真は当然もう少しマシで、これらの写真のおかげで車番位置が変更されていたりしているのが確認できました。
 というか、この列車の模型資料として使える写真の少ないこと・・・。こんな写真を撮っていた26年前の自分を褒めてやりたい!!

 -----

 さて、これらの車両のその後ですが。

 展示期間終了後に元の状態に復元され、竜華区に戻されました。
 そしてその後・・・、

 一部車両はJR四国に継承され、さんざん改造されまくったのですが、結局・・・、

 現在もなお高知運転所に「スロフ12 6」「オロ12 5」「オロ12 9」としてまだ在籍しています。

12-6.jpg
▲ スロフ12 6

12-5.jpg
▲ オロ12 5

12-9.jpg
▲ オロ12 9(カーペットカー)

 これらの写真は2004年4月に「ムーンライト高知」として運行されていた当時の姿です。

※通常は「ムーンライト松山」「ムーンライト高知」(場合によっては「ムーンライト山陽」も)が併結された状態で、JR西日本の14系客車を借りて指定車として連結して運行されていました。これは運行最終日に、JR四国の所属車両のみで「ムーンライト高知のみ」「グリーン車のみ」で運行されていたある意味レアな姿です。

 現在では「ムーンライト高知」「ムーンライト松山」の運行はなくなってしまい、細々と団臨用として使用されています。

 しかしひっどい状態でした。現在は多少マシになったらしいと聞いていますが。

 -----

 まぁ、こんな列車もあったんだよ、ということで覚えておいていてあげてください・・・。

 ------

 で、諸事情で月末までにコイツを仕上げる羽目になりました・・・。



 


 




この記事に対するコメント

いまだに・・・
ウチでは、コスモ星丸のフェイスタオルがいまだに現役ですが、何か?

京都駅の105系、コイツも元を辿れば東京の地下を放熱しながら爆走してた103系1000番台だったりするしぃ。(笑)

四国の12系は…「海峡」よりヒドい。orz

むしろ、コッチを作ってみては?(笑)
【2010/09/15 23:25】 URL | まりりん #ztCBFypQ [ 編集]


>> まりりんさん
> むしろ、コッチを作ってみては?(笑)
 ( ̄ー ̄)ニヤリッ
【2010/09/20 23:04】 URL | icw149 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。