Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東風11G型「跨越」ディーゼル機関車

 日中関係が順調にこじれる今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 マジデカンベンシテホシイワァ・・・

 そんな中、先日オークションで落としたこんなものが到着しました。


100925001b2.jpg

 中国国鉄のDF11G型ディーゼル機関車といい、「跨越(クアユエ)」というペットネームを持つ2車体連結(この時トータル12軸!!)の旅客用機関車です。
 20両近くの重量級寝台客車を牽引(更に搭載している発電機でサービス電源を供給しつつ)、時速170kmで走行できるという性能を持ちます。

100925002b2.jpg

 これは北京駅で撮影した実車です。サービス電源を供給するためのものと思われるコネクタが並ぶスカートが特徴的ですね。

 この翌日、実際にこの機関車が牽引する北京発上海行の夜行列車に乗車しましたが・・・、

 北京を出発して、上海まで11時間、なんとノンストップ
 運転停車なんてありません。本当に全く止まりません。

 じゃ、運転手はどうするのかといえば、二人ペアで乗務しており、走行中に交代しつつ走らせるそうです。
 その為にこの機関車にはトイレから電子レンジまで装備しているとか(笑)。中国人の食に対する執念の恐ろしさを感じます(苦笑)。


100925003b2.jpg

 スカートの形状が少し異なりますが、これはモデル化したときに省略したのか、実車が実際に異なるのかはちょっとわかりません。

100925004b2.jpg

 側面にはペットネームロゴがデカデカと描かれています。知っている限りでは中国国鉄の機関車で公式でペットネームを持つ機関車は他にはなかったように思いますので、この機種には結構期待していたのではないのかと思われます。

 この機関車が生産されだしたのは2003年頃からの様なのですが・・・、その後中国国鉄は高速車両の導入にシフトし、挙句の果てには寝台新幹線まで作り出す始末。そのためたったの5年ほどで、もう既に都落ちを始めているそうです・・・。
 こんな強力すぎる機関車、はっきりいって使いづらいんじゃないかと思いますが、どうなるんでしょうか・・・。
 まぁ、まだまだ中国は非電化区間も多いですから、今しばらくは活躍できるんじゃないかとは思いますが。

 -----

 あぁ、ちなみにサウンドデコーダー付で、落札価格は10000円でした。

 めちゃくちゃ安いっ!!

 普通サウンドデコーダー一つで10000円以上するんですよね。

 あとは牽引される25T形客車をどうやって調達するかだよなぁ・・・。

 -----

 ちょっとこれから、東京へボーリングしに行ってきます(謎)

この記事に対するコメント

ロシアの某戦闘爆撃機が
ミニキッチンを搭載しているとの噂が立ったのを思い出しますね。(ガセだったようですが)
スーパーレールカーゴにも交代乗務員控え室があるとの噂がありますが、果たして…‥?
(たしかトイレはアメロコにはついてますよね)
【2010/09/25 22:15】 URL | 名無しさんだよもん #- [ 編集]


>> 名無しさんだよもんさん
> ロシアの某戦闘爆撃機がミニキッチンを搭載しているとの噂が立ったのを思い出しますね。
 え、ロシア人って食物がなくてもアルコールがあれば大丈夫じゃないんですか?(をい
【2010/09/28 22:32】 URL | icw149 #- [ 編集]


> え、ロシア人って食物がなくてもアルコールがあれば大丈夫じゃないんですか?

ロシアの戦闘機に積んであるアルコールを飲んたら電子機器の冷却が出来なくなってしまいます(一部マジ)
【2010/09/29 22:51】 URL | 名無しさんだよもん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。