Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四角四面の通勤電車をグレードアップする #1

 生憎の天気でしたので、一日中家で色々やっておりました。

 まずは、昨日テストしたHENTAIカバーの本使用分の量産。

101024002b2.jpg

 高さ5mmの帯状に切り出したプラ板に切れ込みを入れて、万力でえいやっと曲げました。金属板ではないので簡単に折れる可能性があるのでちょっとドキドキしましたが。
 さらにそのままだと何かのショックで拡がる、あるいは折れてしまう可能性が高そうなので、強化するためにスタビライザー(と表現すれば良いのか?)を一枚辺り2つ取り付けました。写真で仕切りのように見えるものです。ちなみに大きさは幅1mm、高さ3mmほど、とやや大きめのチップLEDと同サイズの物をプラ板から切り出すこと24回。何回も中断しながらどうにかやり遂げました・・・。

 モールドに関しては、無視します。実際にプラ版に加工するのはまず不可能ですから、塗装後にモールドを描いたデカールを貼るつもりでいます。

 カバーは横に置いといて、本体側の加工の試作にかかります。
 とりあえず屋根は先頭車用のアンテナと信号炎管を切り飛ばしてIPAプールへ。
 側面は・・・、

101024003b2.jpg

 扉周りの微妙な色の差を表現すべく、実に面倒くさいマスキングをしました。
 まずスーパーファインシルバーで塗装・・・、したところ全然変化が無かった(涙)ので、スーパーステンレスで再塗装。

101024004b2.jpg

 うっわっ、微妙。

 とはいえ、この作業で手を抜くと、「3000形らしさ」が出ないんですよね・・・。

 致し方ないですが、18両36面、この作業を続行するしかないようです。

 


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。