Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エース」の名を継ぐもの ~近鉄22600系~

110430001b2.jpg

 たまーには、フルスケールNも買ったりするんです。

 近鉄の最新鋭汎用特急車「Ace」(エース)こと22600系です。

 今年の2月のDCCトレインの運転会の時に、HOのコレを散々見せ付けられ、欲しくなったものの、さすがにブラスはちょっと(かなり)手が出ない金額ですので、Nで妥協したわけです(苦笑)。

 4連(電算記号:AF)と2連(同AT)の2種が存在しますが、4連はたった2本しかおらず、京都線界隈で見かけたことがあるのも2連のみですので、2連のモーター付をチョイスしました。


 ぱかーっとケースを開けたらですね…

110430002b2.jpg

 GM車は以前も京阪3000系のM車が組み付け不良でケース内でばらばらになっている、なんて事があったそうですが…。どうも微妙に設計が甘いんじゃないかと。

110430003b2.jpg

 出来自体はいいと思います。店頭での売れ行きも上々だそうです。
 特徴的な後関節の2丁シングルアームパンタが格好いい!

#同じ近車謹製の287系はせっかくの2丁パンタも片方しか上げていないのが残念…。

 さて、南大阪線で無い限りは、2連のみでの定期特急運用というのはありません(確か)。そうなってくると当然他車と連結しないといけませんが、公式にはドローバーで連結させることになっています。

 定番ともいえるボディマウントTNカプラーへの交換ですが、公式で「非対応」が謳われてしまっています。車体下部へ突き出たテールランプ/通過標識灯ユニットが、ボディマウントTNカプラーと干渉してしまうのが原因だそうです。

 しかしあの運用上めんどくさいこと極まりないドローバーは使いたくない、ということで、上記ブログの記事の一番最後に書いてある、TNカプラー用ポケットを使って取り付けてみました。

110430004b2.jpg

 使用したのはTNカプラーがTOMIXの0382番、TNカプラーポケットがTAVASAのPK006です。
 まずはスカートユニットにご丁寧に接着されたダミーカプラーを毟り取ります(この時点でひしゃげてしまったのでもう元に戻れない・笑)。あとは説明書どおりΦ1.2の穴をピンバイスで床板に開けて、ドライバーでねじ込んでセルフタッピングして、適当なところまで締め付けます。

 ちなみに説明書本来の指示通りであれば、あと2mmほど奥に取り付けるのが正しいのですが、意図的に少し前に取り付けています。リアルな車間間隔のことを考えれば指示通りするべきなんだと思いますが、カーブで前面をぶつけそうな感じがしますので…。

110430006b2.jpg

 電連部分がないのでやっぱりスカスカになっちゃうんですよね…。ダミーカプラーから移植しようかな・・・・。テールライトはいい感じで光ります。

110430005b2.jpg

 ついでに前照灯点灯時の写真も。HIDをイメージした白色LEDが綺麗ですね。
 前進時には通過標識灯が白く光りますが、本来は電球色に光るそうです。

 -----

 実はですねぇ…。

 ある動画で、22600系+12200系+22000系+12200系という凸凹ブツ8特急を見まして…。

110430007b2.jpg

 地味にオークションで落としたり、特価品を買っていたりしていたのですね。

 車高は違うは、パンタも新旧まぜこぜのカオス状態を再現して楽しんでいます。

 ただ…、3M5Tなのでものすごくギクシャクするのですが(苦笑)。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。