Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統を守ること、変えること ~阪急8200系~

110716001b2.jpg


 阪急には2000系以降で百の位に「2」を付与された系列が車両達がいます。

 「2」は試作要素を持つ車両に付与されてきました。

 冷房機搭載の礎となり、阪急における大衆車冷房時代の幕を開いた5200系。

 電機子チョッパの試験編成として生まれ、6000系以降の阪急スタイルを造った2200系。

 そして、80年代後半からの乗客増大に対する一つの答えとして生まれたのが、今日紹介させてもらう8200系なのですが・・・。

 その8200系ですが、朝ラッシュ時に増結される2両編成として2本が製造され、1995年6月にデビューしました。
 阪急は梅田駅が頭端式のホームであるがゆえに梅田寄先頭車両の混雑が激しく、増結車両は梅田寄りに連結されます。ゆえにものすごく割り切った車両として8200系は製造されました。
 当初は朝ラッシュ時だけでなく、夕ラッシュ時にも使用されるなど華々しい?活躍をしました。

110716002b2.jpg

 ボディは8000系を基本としており、前面は8300系8304F・8315Fと同様のくの字フェイスとなったのですが、

110716003b2.jpg

乗降のスピードアップを図るために幅1500mmのワイドドアを採用、その為に扉間に3枚の窓があるという基本スタイルが崩れ、2枚の大型窓となっています。また種別/行先表示は横長のLED表示機が阪急としては初採用になりました。
 またクーラーも容量アップされたタイプが採用され、キセが繋がった独特のスタイルとなっています。またクーラーの重量が増したために、負荷軽減を図るためにパンタグラフも初のシングルアームタイプとなりました。

 そして車内はこれまた阪急初の座席収納車となっており、スタンションポールが多数設置されるという挑戦的なインテリアとなっていました。

 しかし、製造中に発生した阪神淡路大震災の影響はこの車両にも影を落とします。
 JRグループが総力を挙げてJR東海道線・山陽本線の不通区間を早期に復旧し、またサービスレベルの優れる223系を集中投入した結果、乗客がJRに流れてしまい、阪急神戸線の混雑は自然と緩和されてしまうこととなりました。

 せっかく始発駅で並んでいたのに来たのは、座席の無い車両では、ということで乗客からは敬遠されてしまい、長らく通勤急行として西宮北口で増結され、梅田で営業を終了して車庫に戻るという生活を送る羽目に・・・。

 結果として1日の営業距離がたったの15kmちょい・・・。

 1997年に宝塚線に増結用車両を増備するということになったのですが、増備されたのは8200系ではなく、8200系の足回りに8000系のボディを乗せた折衷型ともいえる8000系(8040形)だったのです。

 このことから8200系は時宜を得なかった失敗作、ということも言えるかと思います。

 しかし8200系で採用された数々の新機軸はその後の車両たちに活かされています。
 伝統のよろい戸が廃されて採用されたロールカーテンは8315F以降の車両の標準となりましたし、大容量クーラーの採用は9300系以降に活かされ、シングルアームパンタは今では当たり前に採用されています。

 新しい技術が「使える」のか「使えない」のか、それを見極めるという「2」に込められた思いや役割を8200系はしっかりと果たしたと言えるのではないでしょうか。

 -----

 とはいえ、乗客の冷ややかな反応を無視するわけにもいかず、2007年に車内を9000系と同様のものにリニューアルされ、普通に座れるように改造され、他の増結用編成と共通運用されて現在に至ります。結果三宮~梅田間で運用されるようになりました。

 どっちにせよ一日の仕事は平日朝のみのせいぜい3時間程度のパートタイマー、しかも平日以外はきっちり休むという食っちゃ寝生活であることは変わりは無いのですが。

 -----

 平日朝のみの運用ということで、わざわざ仕事を休むわけにもいかず、たまたまの祇園祭休みで休日となったのでようやく撮影にいけました(苦笑)。久々に阪急の始発に乗ったわぁ・・・。

 ということで、ここからモデラー的視点での写真集。ネット上を探してもあまり模型制作に役に立つ写真って無いんですよねぇ。

 -----

 8200系8200形(Mc1)8200号・8201号

110716004b2.jpg

110716007b2.jpg

110716008b2.jpg

連続クーラーキセがやはり目立ちますね。通常3機だったのを4機載せたのでこうなってしまったわけですが。


 8200系8250形(Tc)8250号・8251号

110716005b2.jpg

110716006b2.jpg

 単独回送がある運用に入ってくれないとなかなか見れない8250形の前面。
 逆光なのは・・・どうしようもありませんでした。曇りか雨の時に撮影に行かないとまともに撮るのは難しい・・・。

110716009b2.jpg

 丸いおわんを伏せたような装置が見えますが、これは「見えるラジオ」用のアンテナです。他には8315Fの8415号にも装備されています。

110716010b2.jpg

 -----

 屋根上は武庫之荘駅の跨線橋上から撮影しました。空調がないですが、東側も西側も大きな窓があり、ものすごく撮影しやすい良ポイントでした。京都線にも同じような場所を一箇所くらい作ってほしい(苦笑)。

 なお、ここまで撮影してきましたが、モデル化する予定はありません(苦笑)。モデラでもないとよう作らんわ、こんなん。

この記事に対するコメント


はじめまして 時和兼哉と申します。
突然の投稿で恐れ入ります。いつも大変参考になる記事を拝見させていただいております。

すでにご存知かもしれませんが、屋上機器が撮影できるポイントとして私が知っているのは、千里線柴島駅の跨線橋もです。武庫之荘駅と同様に空調はありませんが、東西に窓があり撮影することができます。残念な点は、本線ではないので2300系と6300系、9300系が来ないということになるのですが…。
崇禅寺駅の南方寄りに歩道橋があり、その上からでも撮影することはできます。ここは80km/hほどで進入してきますので、コンパクトデジカメでも撮影できました。但し、これからの夏場は暑いです。
本数・時間ともに不確定な正雀駅も改札外の通路から回送出入庫と構内入換中に撮影可能です。

今後ともよろしくお願いいたします。
【2011/07/18 14:34】 URL | 時和兼哉 #LwZM.wo6 [ 編集]


>> 時和兼哉さん
 はじめまして!いつもご覧頂きありがとうございます。
>> 柴島駅
 あー、そういえばそうですね。一度試したことがあったのですが、おっしゃるとおり千里線なものできれいさっぱり頭から抜け落ちてました。
 崇禅寺駅の南寄りの跨線橋、google mapにて確認しました。ここのほうが使えそうですね。秋になってから試してみようと思います(苦笑)
> 今後ともよろしくお願いいたします。
 こちらこそ宜しくお願いいたします。
【2011/07/19 22:46】 URL | icw149 #/.OuxNPQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。