Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にしにほんのしろいあくま その1

 とりあえず先頭車1両だけ組んでみたー。

111019001b2.jpg

 うん、確かに221系に見える。

 だけどちょっと前面窓とライト部分がちょっとばかし大きいような感じ。

 組み立てる前に、

111019002b2.jpg

 種別表示・行先表示にだけは黒を塗っておきました。

 221系はこの部分が透明パーツ側に表現されていますが、一体何故なんでしょうか?

 過去にも500系新幹線等こういう構造になっている車両があったりしますが、いまいち理由が見えません。

 まー、御託はおいといて、十分見れるレベルなのは間違いないでしょう。

 -----

 さて、ここから手を入れたほうがいいかな、というポイント。

111019003b2.jpg

 クーラーキセ側面の通風孔がやはり目立ちます。ただしBトレは実車より短くアレンジされており、ファン部分の方が長くなってしまっており、片側を短くデザインする必要性がありますね。

 あとクモハ220/221のみに存在する窓上のルーバーですね。
 117系用のものを転用しようかとも思ったのですが、それでは大きすぎるので、小さめのものを製作します。

111019004b2.jpg

 クーラーキセの上面のディテールの参考にどうぞ。側面と上面で少し質感が異なりますね。

 またこの車両は奈良電車区所属のモハ220ですが、パンタグラフの摺り板の端部が蛍光グリーンにマーキングされています。

111019005b2.jpg

 屋根最前部に存在する無線アンテナですが、ブルーグレーっぽい色で塗装されていますので、ここにも手を入れましょう。

 またこの車両は京都総合運転所所属のクモハ221ですが、パンタグラフの摺り板の端部及びホーンの端が蛍光イエローでマーキングされています。所属場所によってこういう差異もあるわけですね。

 ということでまたデジタル工作の必要が出てきましたね。車両番号のデータと共に製作していきます。




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。