Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「きたぐに」に関する資料

 以前やるやるといっていた583系「きたぐに」に関するちょっとした資料です。
 ウチにも到着したので、まぁ、そろそろやっておくとします。

 いまや事実上本州内最後の寝台急行となってしまった「きたぐに」ですが、つい数年前までは「シュプール号」としての運行もあり、それなりに使用されていました。 
 たったの一度だけですが、実際にシュプール号に乗ってスノボをしに行ったことがありまして(2002年2月)。その時の写真です。

111119001b2.jpg

 京都駅の列車表示機を撮影したものですが、あまりの列車名の長さに省略されていますね。正確には「臨時急行シュプール妙高・志賀3号」です。つまり複数の列車が運行されていたわけですが、日によっては1往復しか動いていない事もあったように記憶しています。

 またのりばが1番線になっていますが、現在では0番線に改称されています。
 もはやなつかしの列車になってしまった「銀河」の名も見えます。

 111119002b2.jpg

 ちゃんと専用のヘッドマークが用意されていました(今回品のステッカーにも含まれていますね)。

 この編成には「座席車」が用意されていたわけですが・・・

 まさかの、

111119004b2.jpg

 485系併結だったわけです。

 経費削減のために、座席車で行こうとしたところ、暖房が全開な上、消灯も無いという地獄の様な一夜を過ごす羽目になったわけです。

 -----

 そして翌年(2003年3月)、改めて撮影に行きました。

111119006b2.jpg

 この日はB5編成が充当されていました。本来の4号車のサロネ581を抜いて、4・5号車に485系のキノコモハユニットが挿入されて、11両編成でした。
 良く見ると、ヘッドマークが変更されているのもわかりますでしょうか(このバージョンもステッカーにあります)。

111119007b2.jpg

111119008b2.jpg

 そして、京都駅で、「きたぐに」に抜かれるという設定になっていました。
 この時の「きたぐに」はB2編成が充当されており、その為「きたぐに」に「シュプール」編成が、「シュプール」に「きたぐに」編成が充当されるという状態になっていました。

111119009b2.jpg

111119010b2.jpg

 この表示をみると、急行シュプール号姫路行となっており、この時は1往復設定になっていたこともわかります(wikipediaによると2003年度は最大2往復設定となっているので、2002年度でも同様かとは思われますが、詳細は不明です)。


 -----

 同じに日に撮影していたものをちょっとだけ。

111119012b2.jpg

 阪和線に転出する前の205系。この当時は201系も含め、スカートにデカデカと車両番号を表記するのが流行っていました。

111119013b2.jpg

 たしかその翌年に廃止になった急行「ちくま」号。いまでもある大阪しなの号とペアでの運用だったように記憶しています。

 -----

 こうやって見ると、「きたぐに」セットの設定は、ステッカー含め、なかなかに良く出来ているなぁと思ったりして。

 あと「雷鳥」のシールが入っているのは大変ありがたいです。遠慮なく581・583系国鉄標準色に転用させていただきます(「きたぐに」色で「雷鳥」になったことがあるかどうか、私は知りません)。


 








この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。