Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

489系金サワH01編成 その4(完)


 はい、9両全て加工ができたのでこれで完成。

080323001b2.jpg

 おまけは続きにて。
080323002b2.jpg

 クハ489-501の連結器です。一応連結機能を持たせておきたかったので、KATOカプラーNを取り付けました。

080323003b2.jpg

 キット付属のダミーカプラーの根元でばっさり切り取って、ゴム系の接着剤でKATOカプラーNとくっつけます。

080323004b2.jpg
 で、車体側にもキット付属の台車枠をカプラーポケット部分だけを残すように加工して床板にこれまたゴム系接着剤で固定してしまいます。
 ボンネット部をはめ込んだ後に、表側からカプラーをはめ込んでやれば一件落着というわけです。
 ISOJINさんが紹介されている方法の方がよりスマートだとは思いますが、こういう方法もあるということで。

 あ、そうそう、よく問題になる「ボンネット先頭車の床板がうまくはまらない」現象ですが、上の写真で黄色の丸で囲まれた部分が床板と接触するのが原因です。透明パーツの接触する部分を削ってやればすんなり収まります(後ろに若干はみだし気味なのはカットして対応)。
 よくわからなければ上記の状態にして床板をはめ込もうとすればどこが接触しているかすぐわかると思うのでまぁ試してみてくださいませ。

 さて、次は何を組もうかな?

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。