Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内湾線にSL重連列車を追う

 しばらく訪台中のエピソードをご紹介させていただこうと思います。

 -----

 JR北海道のC11のSL列車とと台湾鉄路管理局のCK124のSL列車が姉妹列車となり、それを記念したSL重連列車が3月12日(月/星期一)に運転されました。

 CK124は日本のC12形の台湾向生産機の現地呼称で、唯一の動態保存機である4号機が不定期に運転されています。

 運転区間は新竹~北新竹~竹中~内湾という台北から1時間程度の内湾線というローカル線です。
※実際には竹中までは台湾新幹線の連絡路線として改良されているので、途中からローカル線というべきなのだが。

 そのニュースを知ったのは3月11日、ちょうど翌日に内湾線に乗車する予定で、調べると、丁度乗車予定の一本後を追ってくるようなスジでSL列車が設定されており、折り返し途中に撮影できる!と喜んでいたのですが・・・。

 竹中駅に到着、内湾行の出発するホームに上がろうとすると、なぜか改札のほうへ行って、改札外に止まっているバスに乗るよう指示されるわけで。

 一体何が起こったのか訳がわからないので、事情を聞くと(どういうわけか日本語ができる女性が配置されていた)SL列車の運転に伴って、入線中の一切の定期列車を運休にして代行バスを運転しているのでそちらに乗って欲しいとの事。

 代行バスに乗って終点まで行っても、乗車したことにはならないので、途中の竹東駅で1時間停車することになっているのは知っていたので、そこまで代行バスに乗っていってSL列車を撮影することにする。
 まぁ、これはこれで貴重な体験だよねぇ、とは言いつつ、この区間が乗車できないが為に台鉄の前線完乗は次回訪問までお預けとなってしまったので微妙にヘコむ。

 代行バスは地元の新竹客運のバスをチャーターして運行されており、台鉄の車掌さんがバスに同乗している。
 駅ごとに停車して、車掌さんがホームへ走って乗客を「回収」してくる。

 20分ほどで竹東駅に到着。

120318001b2.jpg

 既に駅内には多数の人があふれている模様。月台票(入場券)が必要かと思ったけれど、改札に駅員さんは立っていないのでそのまま押し入る。

 どこで入線してくるのを待つか悩んだけれど、「屋根上はそう簡単に撮れないぞ」という理由で跨線橋上で待つことに決定。
 到着予定は10時50分だったが、なかなか現れない。



 10時58分、ようやく姿を表す!

 先頭にCK124、次位に後ろ向きでCK101を連結、その後ろに2050形客車を4両連結して、軽く警笛を鳴らしつつ竹東駅1番月台に入線する。

 120318002b2.jpg

 あっという間にSL周辺は黒山の人だかりに。

 しかし月曜日だというのに、どっからこの人たちは現われたのか。

 SLの運転時に使われているこの2050形客車を見るのは初めて。

120318008b2.jpg

 JR東日本の旧型客車群と同じような立場の車両だと思うが、もっと小型。
 ちょっと中をのぞいてみたが、頭をぶつけそうなくらい、ちっちゃい。

120318003b2.jpg

 テールには記念のテールマークを装備している。

 SLそのものを撮影しようと先頭部まで行くが、もう線路上に人が溢れている

 およろしくはないが、まぁ、この際だからホームから飛び降りる。

120318004b2.jpg

 これがCK124号。
 日本国内のC12はデフレクターを装備していなかったそうだし、カウキャッチャーやライトは独特の形状のものが装備されている。

120318005b2.jpg

 こちらはCK101号。
 日本統治下において400形機関車として導入され、1974年まで使用され、1998年に復活した機関車。

 -----

 一応警察官が一人配置されており、線路上に降りた鉄路迷(鉄道マニア)達を追い払うのだが、適当なところで止めて黙認しているようで、このあたり何とも「台湾的」だなぁ、と思う。概して台湾の鉄路迷はお行儀が良い、ということもあるのだろうけれど。
 ホーム上では記念グッズを販売していたり、ある意味お祭り騒ぎとなっている。日本のようにぎすぎすした雰囲気がないのが心地よい。

 -----

 次の予定を考えると、竹中に戻らないといけない時間が迫ってきたので、駅前広場に戻ると、タイミング良く数分で竹中行代行バスがやってきた。

120318006b2.jpg

 車内で車掌さんに切符を発券してもらう。

 バス車内で鉄道の切符を発券して貰うというのは実に貴重な体験である。

120318007b2.jpg

 まぁ、割と味気ない車内補充券ではあったのだが。

 発車の度にアクセル全開で飛ばしまくるバスは早く、あっという間に竹中に到着した。



 
 



 

この記事に対するコメント


こんにちは。

台湾遠征お疲れさまでした。

SL運転のために、まさか定期列車を運休にしてしまうとは・・・・これには私も驚きです。
そしてバスの車内で台鉄の乗車券を発券とは(笑)なかなか貴重な大変をされましましたね!!

さて、私の方も昨日まで訪台して参りましたが、以前掲載して頂いた見易い地図のお陰で「東方模型」に迷わず辿り着く事が出来ました。
【2012/03/22 15:53】 URL | Kucing #s1IOzH.I [ 編集]


>> Kucing様
> 台湾遠征お疲れさまでした。
 ありがとうございます!
 そちらも無事帰られたようで何よりです。
> SL運転のために、まさか定期列車を運休にしてしまうとは・・・・これには私も驚きです。
 これには完璧にやられました(苦笑)
 どこかに書いてあったのを見落としたのかとあとから台鉄のページを調べてのですが、書いてなかったように思います。
 だいたいその直前に桃園駅で内湾駅までの切符を普通に発券されましたし、そんなことになっていようとは思いもしませんでした。
> さて、私の方も昨日まで訪台して参りましたが、以前掲載して頂いた見易い地図のお陰で「東方模型」に迷わず辿り着く事が出来ました。
 お役に立てて幸いです。一度行けてしまえばもうバッチリですね。
 私はすっかり徐老板のファンですwww
【2012/03/22 21:57】 URL | icw149 #/.OuxNPQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。