Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国から帰ってきました。

 何とか、無事に3泊4日の中国旅行から帰ってきました。

120404001b2.jpg

 ▲ 上海・田子坊の路地裏にて

120404002b2.jpg

 ▲ 上海最大の空港直結統合駅、上海虹橋駅にて

 毎日、万国高速鉄道博覧会開催中!
 安全性が担保されておりませんが、世界各国の高速車両が選り取り見取りです。

 CRH2型(E2系)のグリーン車に揺られる事3時間半、安徽省の省都、合肥へ。

120404003b2.jpg

 ▲ その名前を聞けば泣く子も黙ると言われた三国時代の武将、張遼の銅像

 上海に比べると、のんびりムード。物価も安くタクシーの初乗り運賃も半額。

120404004b2.jpg

 ▲ 合肥駅内第4待合室にて

 これぞ「ザ・中国」!待合室を埋め尽くす、人・人・人。

 でも気をつけないと、足元にゲロが。

 再びCRH2型に乗って、南京まで戻ります。

 やけに歩みの遅い満員の地下鉄に揺られ、中山稜へ。

120404005b2.jpg

 緩やかに続く階段の上に、孫文先生のお墓があります。

 開放時間も終わりに近いというのに、ひたすら続く、人の列。

 周りの人に倣って、花を買い求め、献花してきました。

 その手法に賛否両論あれど、近代中国の扉を開いた偉大な政治家であったことは間違いないかと。

 南京南駅からは最高速優等列車である「G列車」G53次で上海虹橋へ戻りました。

120404010b2.jpg

 ICE3をベースとしたCRH3型の高速運転対応形のCRH380BLに初乗車!
 車内はさすがのヨーロッパ車でなかなか良いセンスでした。

 ・・・2列に1列は窓割にシートが合ってないとか、いまいち謎な部分もありましたが。

 -----

120404008b2.jpg

120404009b2.jpg

 そして、どこまで行っても、どれだけ怒られても、屋根上は意地で撮ってくるのです。








この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。