Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14系座席車(700番代/ユーロピア)

 結構楽しみにしておりました、14系座席車3種が発売されました。
 諸事情で通称ユーロピア車とユーロ色機関車セットのみ先に購入してきております。

140118001b2.jpg

 個人的にはユーロピアといえば、名古屋車両区でバラバラにされて留置されているイメージしかなく、マトモに編成を組んで走っているシーンというのは見たことがないのです。

 スタイリングは思いの外(といったら失礼だが)マトモ…、なんですが。

140118002b2.jpg

 オハ14のパーツを裏側から撮影したものです。

 119系に続いて白プラスチック成形のパーツです。
※全てを購入しているわけではないので、他にもあるかもしれませんが。
 山陽3000系以来、この色のパーツをしたモデルには割とヒドイ目にあっていますので、正直勘弁してほしいのですが、機関車セットのパーツもこのタイプのプラスチックで成形されているのを見て、心が折れました。
 多分コストダウンの為に、今後はこの仕様で統一されるんでないのかと推測されます。

 そして、見ていただければわかるのですが、側面と屋根を固定するためのピンが何故か2対しかありません。
 先頭車などで2対しかないケースは決して珍しいわけではないのですが、その場合は前面パーツが側面パーツを押さえ込むような構造になっているのが普通です。
 ところが今回の場合はそのような構造になっているわけではなく、単に固定場所が少ないだけになっており、実際に組んでみるとピンが無い側がやはり微妙に浮いてしまっています。
 なぜこういう構造になっているのか、まったく理由が思いつかず困惑しています。

 また固定場所が少ないことによって、白色プラスチック成型品特有の側面のヨレも発生しています。

 スハフ/オハフはやはり固定ピンは2対しかありませんが、(119系とは異なり)前面が側面をきちんと固定するのでそのようなおかしなことにはなっておらず、なんだかもったいないですね…。

140118003b2.jpg

 EF64は66号機を選択。どちらかといえばこちらの方がユーロ色としてのイメージが強いです。
 またこの機関車牽引でユーロピア4両で京都まで団体列車として走ってきたこともあるそうで、なおさら好都合かと。

140118004b2.jpg

 DD51は791号機を選択。
 本当は592号機が組める仕様だと嬉しかったのですが…。各部パーツが異なる(少なくともキャブ側面の形状が異なる模様)ので、1037号機とのコンパチがしやすいこちらになったんでしょうね。

 ユーロライナーがデビューした翌年だったか、臨時急行「ユーロライナーのりくら」に乗車した時に牽引していたのが592号機だったんですよねぇ。
 京都を早朝新幹線で出発、名古屋からこの「ユーロライナーのりくら」で高山へ、そこから「ひだ」で富山へ、更に「雷鳥」で京都へ日帰りするという超強行軍でしたが、いい思い出です。

-----

 標準色とシュプールタイプは、また引き取って来次第、レビューしたいと思います。
 まぁ、作りは同じなので、そこに関してはスルーして、あの「3階建て夜行臨時快速列車」の話になってしまう予定です。

 

この記事に対するコメント


お久しぶりです。
14系の国鉄色のみ手元にあるのですが、こちらは従来品同様の灰色プラスチックを使用していました。
ガルパンラッピング車も白色だったと記憶していますので、今後増えてくるのは間違いなさそうですね…
【2014/01/21 18:11】 URL | 時和兼哉 #- [ 編集]


2006年に出た名鉄2000系は白色プラで詫び工場製でしたね。去年金型リニューアルした仕様や京阪600も白色でしたがそこまで酷くはなかったと思います。
確かに白色成型の場合は詫び工場製の割合が高いように感じますね。なぜグレー成型じゃだめなんでしょうか。
【2014/01/22 23:37】 URL | 3501F #- [ 編集]


>> 時和兼哉さん
> 14系の国鉄色のみ手元にあるのですが、こちらは従来品同様の灰色プラスチックを使用していました。
ガルパンラッピング車も白色だったと記憶していますので、今後増えてくるのは間違いなさそうですね…
 国鉄色を購入しましたが、確かにグレー成形でしたね。一体何を基準に選択されているのかさっぱり不明です。もう阪急8000系が白色成形されないことをひたすら祈るのみです…

>> 3501Fさん
> 2006年に出た名鉄2000系は白色プラで詫び工場製でしたね。去年金型リニューアルした仕様や京阪600も白色でしたがそこまで酷くはなかったと思います。
確かに白色成型の場合は詫び工場製の割合が高いように感じますね。なぜグレー成型じゃだめなんでしょうか。

 2006-2007年頃の粗製濫造期は本当にひどかったですよね…。白色のボディの車両だから白色成形、というのならわかるのですが、必ずそういうわけでもなく。
 開口部の大きなな車両の場合、外から見ると車内が真っ白というのは興醒めなんでやめてほしいんですよね…。
【2014/01/24 21:53】 URL | icw149 #/.OuxNPQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。