Diamond junction

ショーティー、時々HOな人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハコロコその後5 更に改造。


 もはやBトレは関係なくて、DCC関連のギミックに関する話になってきます・・・。

 今日は思い立ってヘッドライトユニットを搭載してみました。

080417002b2.jpg


 モーターユニットのカバーの端にくっついているのがライトユニットです。

 チップLEDの半田付けの習作も兼ねています。

 左下寄りの黄色い四角い物体が白色チップLEDです。
 初めて作ったにしてはまずまず良い出来です。
 たった1cm四方にきっちりライトユニットが収まっています。
 これも厚さ0.1mmのシール基板のおかげですが。

 固定はてっとり早く両面テープ(笑)。

 とりあえず導光を考えずに取り付けただけなので現在の所、運転室灯でしかありません。

 で、点灯させるとこんな感じに。

080417003b2.jpg


 ちと明るすぎるでしょうか?

 光ファイバーを用意して、ちゃんと「ヘッドライト」にしてやりたいところです。

 で、次はユニット全体の話。

 先日某Iさんと電話で話した時に「今度ユニットを見せるように」というご命令を頂きましたが、とりあえず写真で先に公開。

080417001b2.jpg
▲ クリックで拡大可

 手前が2号車ユニット、奥が1号車ユニットと呼称してます。

 2号車ユニット側にデコーダーとスピーカーを集中搭載しています。
 駆動・集電は1号・2号車ともに行います。基本的に2号車ユニットから延びるジャンパー線を1号車ユニットに接続して走行させます。

 基本的に、というのは、繋がなくても2号車のみでの自走は可能だからです。ただし片方のみだと集電が不安定になるのでかなり苦しいですが(苦笑)。なにせ見てもらったらわかるように、オモリによる荷重はほとんどしていませんので…。

#1号ユニット内はまだ若干の余裕はあるものの、2号ユニット内はもうぎりぎりのスペースしかない。

 あとスピーカーの話。

 固定方法によってものすごく音量が変わります。

 最初は車体内に斜めに引っかけていただけだったのを、思い切ってスピーカーそのものと車体内部をリューターでがんがん削って平行に固定できるようにしたところ、当社比で50%は音量が大きくなりました。
 この辺りはいろいろ試してみるしかないようですが、ポイントはいかに車体内で音を反響させるかのようです。

 ------

 なんか最近電子工作が楽しくて仕方がないのですがどうしましょうか?

 あ、近鉄8810系も進行中。床板の固定方法で悩んでます。

この記事に対するコメント


おぉ、中はこうなっているのですねぇ。
本物のBトレは、ガラスパーツだのブロックだの内側も出っ張りが多いのですが
とっても簡単なシリーズは、内側は逆にスッキリしているから、搭載スペースを確保できるんですね。

ウチのEF63なんて、中身はコードだなんだごちゃごちゃですから、もう分解したくありません(苦笑)
【2008/04/23 00:35】 URL | ISOJIN #JUGsyThY [ 編集]


>> ISOJINさん
> とっても簡単なシリーズは、内側は逆にスッキリしているから、搭載スペースを確保できるんですね。
 確かにそうですね。ですがハコロコの場合はデザイン上肩の部分が斜めになっているのでスピーカーが引っかかってしまうんで苦労しました。完全に箱型の旧型電気機関車風のタイプなら本当に楽勝でしょうね。

> 中身はコードだなんだごちゃごちゃ
 そう、それなんですよねぇ。いかに邪魔にならないように最短距離の配線を作り上げるかがポイントですね。コレで結構勉強になりましたね。
【2008/04/25 00:40】 URL | icw149 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















プロフィール

icw149

Author:icw149

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。